« 「コーカサスの白墨の輪」観劇 | Main | ガムランライブ »

チャンゴ ワークショップ

3/8 東京労音御茶ノ水センター

サムルノリ演奏家の、李昌燮(イ・チャンソビ)さんによる、チャンゴのワークショップに誘われ、行ってきた。

韓国のリズムは独特で、インドのリズムに精通した人でも、リズム体系が全然違うので、全然分からないんだそうな。

オレみたいにリズムの訓練をほとんどやってない人にはどっちもサッパリわからないが。
いずれにせよ、サムルノリは単純にカッコいい。なのでワクワクしながらワークショップを受講。

で、まずはチャンゴを叩くバチの持ち方から。
利き腕の方で、細長いバチを持ち、反対の手は、先に丸が付いたバチを持つ。

次に叩き方。
あんなに激しい音がするから、カッチリ持って、力の限り叩くのかと思ったら、軽く握って、優雅に叩く。
そうしないと早く叩けないんだそうな。そりゃそうだ。

利き腕の方のバチは横から、「ホッペを痛くないように叩く」感じで。つまり叩いた後、太鼓からバチを離さない。
逆に、反対の腕の方では、「ハエを潰さないように叩く」感じで、叩いた後にすぐ離す。

で、基本の音は3つ。
利き腕の方で叩く「タッ」。反対の手で叩く「クン」。両方で叩く「ドン」。
左右の手で違う動作をするので、結構難しい。

そして、韓国のリズム特有の「起・承・結・解」システムについて説明を受ける。
どんなリズムのフレーズも、この4つで構成されているそうな。
「起」は始まりを告げる合図。強く叩く。
「承」は遊びの部分。フリーリズム。
「結」は締めの合図。そう、途中なのに締めるのだ。だから結の箇所の最後の拍は強く叩く。
「解」は起に行くまでの「解き(ほどき)」のリズム。リラックス。

つまり、これは永遠に叩き続けるための良く出来たシステムなのだ。
合わせる快感、自由に叩く快感、続ける快感。

また、能と同じように、リズムパターンには陰陽思想の影響があり、バランスがとれている。
叩き方時の体の使い方も円運動を強く意識せざるを得ないし、そう指導される。
こりゃ健康に良さそうだわい。トランス健康。

今回教えてもらったのは、12拍のリズムパターンを3つ。

基本的に、一度決めた12拍全部の長さ、つまり最初の1拍と、途中の「結」の部分の最後の1拍さえ合えば、あとはかなり自由に出来る。

教えてもらった3つ目のパターンは、36拍あり、かなり複雑。
12拍のフレーズを3つ繋げたのではなく、

1拍×11+2拍×3+1.5拍×4+2拍×3+1.5拍×2+1拍×4

というフレーズ。

しかもこれに、起承結解が加わるから訳が分からない。

今回は12拍のリズムパターンを中心に教えてもらったが、色んなリズムパターンがあるそうで、
こういったリズムパターンが、たーくさんあるそうな。
恐るべし韓国のリズム。

でも韓国はリズムに限らない。
ビブラートや声楽にも面白いものが沢山ある。

ワールドミュージックは流行ってるし、ディジュリドゥやインド系の楽器をやってる人は結構多い。
でも韓国をやってる人は本当に少ない。でもすげー勿体無い。地理的にも、文化的にも、日本に近いから理解しやすいし、何より、単純にカッコいい。

たかだか一地方の民族音楽であった「ブルーズ」が、「ロック」や「ジャズ」として、世界にこれだけの影響力を与えている今、他の民族音楽だってそうなる可能性があると思うんだけどなあ。
韓国のリズムや、日本の能や語りの芸にはそういったポテンシャルが凄く秘められていると思う

|

« 「コーカサスの白墨の輪」観劇 | Main | ガムランライブ »

Comments

チャンゴ、かっこいいですよね~。
あの、リズムのかっこよさ&わけのわからなさが気になって仕方ない。
ずっと秘密を知りたくて気になっています。
ワークショップ、うらやましい。

Posted by: さえぐさあやこ | 2005.03.12 at 06:38 AM

4人集めればワークショップ開いてくれるみたいですよ。
当日も4人でした。
料金は会場費含めて3600円。
そんで二時間。
タップリ、って感じでした。

Posted by: ウィリアム | 2005.03.12 at 09:18 AM

日本人って、韓国に興味はあるけど、韓国の伝統音楽をやろうと思う人はなかなかいないよね。最近の韓流でもなかなか音楽までというのは難しいようですよ。何でかな~?

Posted by: オガション | 2005.03.13 at 07:42 AM

ホント不思議ですよねー
インドとかディジュリドゥやジャンベは結構流行ってるのに

Posted by: ウィリアム | 2005.03.13 at 10:53 AM

vxlpnc klgms pjhgki fjasnl yvejl qbli rihwzamc

Posted by: njxgqubp mtybvoa | 2007.06.22 at 08:40 AM

Hello! Would like to congratulate to you with coming new year!

Posted by: Vitalikov | 2008.12.19 at 10:56 AM

Hello! All would like to congratulate on coming Christmas!

Posted by: Mafioz | 2008.12.29 at 03:17 AM

Чернявский Дмитрий Леонидович Дмитрий Леонидович Чернявский Дмитрий Чернявский Леонидович Леонидович Дмитрий Чернявский Чернявский Леонидович Дмитрий Леонидович Чернявский Дмитрий Чернявский Дмитрий Леонидович Дмитрий Леонидович Чернявский Дмитрий Чернявский Леонидович Леонидович Дмитрий Чернявский Чернявский Леонидович Дмитрий Леонидович Чернявский Дмитрий Чернявский Дмитрий Леонидович Дмитрий Леонидович Чернявский Дмитрий Чернявский Лео

Posted by: Чернявский Дмитрий Леонидович | 2008.12.30 at 10:21 AM

There is no I understand that you need to discuss all, but it is impossible to create that that like a forum or at least a photo to add ато the text simply not interestingly looks and it would not be desirable to read at all?!

Posted by: referi | 2009.01.06 at 12:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「コーカサスの白墨の輪」観劇 | Main | ガムランライブ »