« 明日ライブ | Main | 仏教とキリスト教がジョイントライブ »

4月7日 ゲスト出演ライブ報告

場所:代官山 無垢里(むくり)
http://www.geocities.jp/mukuri_d/

いやーインプロが面白かったー
嵯峨さん最高!

・会場は木造の土壁で、スタッフともども、とてもいい感じ

・私がゲスト出演へのOKを出したのが1週間前だった関係で、宣伝が全然できず、私のお客は全然呼べなかったのが残念。是非、インプロ好きな人たちに見てもらいたかった

・フレンズとしては、今回でこの会場は4回目
・店の張り紙には「ホーミーと馬頭琴」と書いてあり、おそらく、それ目当てのお客がほとんど
・まさか、節談説教風の語りや、30分のインプロが行われるとは思ってなかったみたいで、批判的なアンケートもチラホラ

・でも、今回の30分インプロは嵯峨さんの提案だし(是非やりたい!と)、語りも「面白い!」とOKが出た。
・これは嵯峨さんには必要な過程なのだ。
・お客は所詮、自分の個人的な感想しか言えない(それがイケナイ訳では勿論ない。お金を払ってきてる人は自由に感想を言って良いのは当たり前のこと)。
・インディペンデントな活動をしているミュージシャンは自己責任で活動しているから、好きなようにやるのが一番良いのだ

・今度はもっとコアな客層の前で、心おきなく、色々と実験的な演奏をやりましょう!!>嵯峨さん

・インプロの内容は、空間を広く使い、動き回ったり、空間の色んなトコロを叩いたりこすったり、楽器を使ったり、楽器を変えたり、少し踊ったり、色んな声を使ったり、微音を意識したり、電気をつけたり消したり(インプロ慣れしていない客には、約定期的な視覚的な効果は、おそらく、有効だろう)。
・あっという間の楽しい30分だった。

・インプロと語り以外にも、数曲、嵯峨さんの曲やモンゴルの伝統的な曲をやったが、特に11拍子の曲の練習は、普段こういう練習をしてこなかったので、とても役に立った。
・リズムの分析、それを言葉で表現(インドのリズム言葉=ボルを使用)し、ビートボックス風に変換。やはり本番ではかなり間違えたが、良い経験になった。
・今までは、この過程(分析から実演)が面倒な気がして(もしくは自分には出来ないと思い込んでいた)、全くやる気が起きなかったが、実際には出来ることを実感(これもケチャの経験のタマモノです。アリガトウ!>川村君、吉田君、岩崎君)
・リズムは楽しい!今後もどんどんやっていきたい

・語りは、ソロでも出来そうだなあ
・伴奏を入れる場合は、語りの旋律(モード)の決定、語りとの絡み方等、研究が必要
・普通に喋る言葉から、節(メロディー)付きの言葉への移行や、その逆。声色の変化など、これは楽器には出来ない声ならではの表現。今後もどんどんやっていきたい。

|

« 明日ライブ | Main | 仏教とキリスト教がジョイントライブ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 明日ライブ | Main | 仏教とキリスト教がジョイントライブ »