« 子供に負けない野村誠 ~ノイズ合唱団の新たなライブ予定 | Main | スーパーカザフ人 ~ドンブラレッスン3回目 »

ホーメイにチャレンジ ~6月1日ライブ

■6/1 西遊・雲の会 「草原の調べ」
※フーレンズが出演するイベントにゲスト出演します。
開場:17:30 開演18:00
場所:ギャラリー西遊記(千代田区神田神保町2-1 岩波神保町ビル別館3階)
出演:横田和子(馬頭琴)、徳久ウィリアム幸太郎(ホーメイ、口琴他)
    嵯峨治彦(馬頭琴、喉歌)、田中孝子(ギター他)
料金:\500(雲の会会員無料)
※西遊・雲の会への入会をご希望される方は趣意書をご請求下さい。当日入会もできます。
問合:03-3237-1391 西遊旅行・本社
主催:西遊旅行
詳細: http://www.saiyu.co.jp/paper/kumonokai.htm

6月1日、フーレンズのライブにゲスト出演します。フーレンズは、嵯峨治彦さんという、日本一の馬頭琴演奏者が参加している3人組ユニットです。
このイベント、旅行会社が企画している、その旅行会社の会員向けのイベントなので、会員でない人は入場出来ないと思っていましたが、違ったようです。

また嵯峨さんと共演できるのはとても嬉しい!
ダブルカルグラや語り+馬頭琴、可能であれば前衛や即興にもちょっとチャレンジしたいものです。

----------------------
で、件名のホーメイにチャレンジ。
私は「ホーメイが出来る」とプロフィールに書いたり、「ホーメイやってます」という風に自己紹介したりしますが、
実際は、伝統的なホーメイの曲は一曲も歌えません。

ちょっとややこしいですが、「ホーメイ」というのは、トゥバ共和国の、特殊な発声法「ホーメイ」を使った芸能そのもの事も指すので(現地では、ソロで、楽器を弾きながら、歌詞のある歌を歌うのが一般的なスタイルです)、私にはそれは出来ません。

だからホーメイに関しての私の自己プロフィールは、正確にいうと、「私は、ホーメイという芸能で使われる特殊な発声法(喉詰発声=ホーメイ、やカルグラ)やテクニック(スグットやボルラン、等)は出来ますが、伝統的な曲は何一つ出来ません」となります。

ちなみにオルティンドーは、本場モンゴルで3ヶ月留学した際、3曲覚えました。が、帰国後、ノイズ声にはまってしまったので、ほとんど練習をしていません。なので下手糞です(苦笑)

しかし、6月1日のライブは折角の機会なので、
最低1曲ぐらい習得したいと思っています。
そしてオルティンドーもがむばって練習します。

あ、ちなみに、共演の嵯峨さんや横田さんはトゥバもモンゴルの民謡も(横田さんはトゥバはやりません)ちゃんと出来る人です。ご安心ください。
というか、嵯峨さんは、喉歌デュオ「タルバガン」のメンバーとして、10年近く活動されている方です。
「タルバガン」があったから、倍音Sは(ほぼ)完全オリジナルに向かった、という言えるでしょう。
(あ、でもタルバガンがオリジナルをやらないかと言ったらそれも語弊があります。)

こんな私が参加することについて、「そんなのインチキじゃねーか」と思われるかともいるかもしれませんが、毎回この手の伝統的民族音楽イベントに関しては、誘ってくれた人や主催者に、上記のことを説明します。それでもOK、と返事がある場合のみ、出演させて頂いています。

勿論、チケット代を払ってきたお客さんには満足してもらうために、色々と工夫はしますよ。
そして、これで駄目だったら二度と声はかからない訳です。でも、声がかかっているという事(とてもアリガタイ事です。横田さん毎回どうもありがとう)は、一応お客さんを満足させている、という事なんでしょう。

何かエラそーに感じるかもしれませんが、私なんて、表現の世界では下っ端の下っ端です。下の下。下下下のウィリアム。

それは常に肝に銘じておきながら、でも、日本でしか聞けない内容のものにするべく、頑張りまっす

|

« 子供に負けない野村誠 ~ノイズ合唱団の新たなライブ予定 | Main | スーパーカザフ人 ~ドンブラレッスン3回目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 子供に負けない野村誠 ~ノイズ合唱団の新たなライブ予定 | Main | スーパーカザフ人 ~ドンブラレッスン3回目 »