« デスメタルの振動はスイカを美味しくする? ~東京デスメタルフェス観戦記 | Main | 伝統邦楽の現代化 ~ノイズ合唱団の新たなライブ予定 »

少しずつ進歩 ~ノイズ合唱団練習記

5/1 調布たづくり第3音楽室

5月3日のライブに向けて、今日明日で最後の練習。
今日はギリギリまで練った構成を一つずつ行った。

ノイズ合唱団は、ワークショップ的に、参加メンバーにもどんどんアイディアを出してもらう形式をとっているので、練習を重ねていくと、色んなアイディアや妄想が浮かぶ。
それらを一つ一つ吟味しながら作品を作り上げていく。

毎回、色んなアイディアが出てくるが、今回は、特にアイディアが多くて、まとめるのに少し苦労した。

前回の早稲田でのライブのテーマは「カオス」だった。音楽とパフォーマンスや始まり、終わり、客とパフォーマーの境目を曖昧に演出したので、かなりカオティックだったと思う。

今回のテーマは「かっこよさ」。
でも、あまりカッコよくないかも(笑)。なんせ前回の練習で急遽提案のあったコンセプトだしね(笑)

今回からの新たな試みとして
・会場の4台のスピーカーに、パフォーマーの音を出来る限り分散させることを行う。
 今回のノイズ合唱団参加者は私を抜かして8人なので、1台のスピーカーに付き、2人の声が聞こえるようにする。これは、PAを通すと、音が混じりがちなので、それを避けるため。
・PA以外に、自分達でアンプを用意。客席内に設置。
 これも、PAだけからではなく、色んなトコロから音を出したいから。今までも、客席の中でパフォーマンスすることは沢山(というか、ほぼ毎回)行ったが、今回初めて、マイクを通した音を客席から聞かせる。マイクでしか出来ない表現というのもあるんですよ(音質的には息を使ったテクニックとか、音量では、通常は聞こえにくい微音を大きく聞かせる事が出来るとかね)。

こういったハードの面以外でも、ソフト(内容)での新たな試みとしては、
・日常的にあるけど、言葉ではない、人間から出る音から移行するノイズ
 しゃっくり、咳払い、痰を吐くときの音、ゲロ吐くときの音、くしゃみ、笑い声(明石屋サンマみたいなヒキ笑いとか)、イビキ、等々
・喋り声ノイズ 
 居酒屋とか、人が沢山集まってるところって、周りの人が何言ってるかわかんないけど、凄いウルサイじゃないですか。あれの再現です)
・語りとノイズ
 人間の楽器の特性としては、言葉を発することだと思うんです。しかもその場で即興的に。
・歌の伴奏にノイズ
 普通の歌の伴奏に、というか、平行してノイズを聞かせます。普通の歌には、ブルガリア民謡を歌う予定です(ノイズ合唱のメンバーには、ブルガリア民謡を歌える人が3人、何故かいるのです)
・息継ぎを感じさせない合唱
 人間て、息吸いながら音が出せます。また、循環呼吸という、管楽器で、ずっと音をとぎらせないテクニックも存在します。それを使えば、人間でも、「いつ息継ぎしてるんだろう?」と思わせるプレイが可能です。
・ノイズケチャ
 過去にもガムランのリズムを取り入れてみた事があるんですが、今回は、ガムラングループのウロツテノヤコの川村さんに教わったリズムを使う予定です。
・携帯電話
 これはネタみたいなものなので、詳細は見てからのお楽しみ(笑)


で、タイトルの「少しずつ進歩」

そういえば、ノイズ合唱団は、この5月で、初ライブから1年目になりました(目指せ10年!)。
「来るもの拒まず、去る者追わず」のスタンスでやっているので、既に初ライブ時のメンバーは、私以外誰もいないんですが(苦笑)、幸いな事に、ライブをやる時には、常に5~10人のメンバーが集まります。

メンバーには色んな人がいるんですが、入ったばかりのころは、全然ノイズ的な表現が出来なくて、正直「この人をライブに出していいものか」と思ったこともありますが、地道に練習とライブを重ねていった結果、最近では、安心してライブでのパフォーマンスを見ていられるようになりました(特に女性陣。そう、今回のノイズ合唱団は、半分は女性なんです)。

精神的にもそうだし、テクニック的にもそう。
例えば、ノイズ合唱団では、ノイズ的な表現の追求として、人間が声帯以外に出せる音を探しています。
現時点で使っているのは、唇、舌、頬の内側(ドナルドダックみたいな声が出ます)、軟口蓋、鼻腔、声帯、気道、声帯周り(ホーメイやデス声を出すときに使います。使っている部位の正式な名称は分かりません)といった部位なんですが、初めから全部これらの部位の音を出せる人はいません。大抵は、どれかが出せません。でも、それも練習で段々できるようになってくるんです。

ノイズ合唱なんてコンセプトでやっているのは私達以外いないので、練習は試行錯誤でやってきましたが、かなり喉に負担がかかりそうな事をやっているのに、誰も喉を故障していないし、出来なかったテクニックが少しずつできるようになってるメンバーがいたり、今までのやり方は間違ってはいなかったみたいで、一安心。

コツはどうやら、「脱力」「腹式呼吸」のようです。

という訳で、毎回新しい試みを行っているノイズ合唱団のライブ、
気軽に遊びにきてくださいー

ノイズなんか聞いた事ない人でも、好き嫌いはともかく、最後まで飽きさせず聞かせますので

|

« デスメタルの振動はスイカを美味しくする? ~東京デスメタルフェス観戦記 | Main | 伝統邦楽の現代化 ~ノイズ合唱団の新たなライブ予定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« デスメタルの振動はスイカを美味しくする? ~東京デスメタルフェス観戦記 | Main | 伝統邦楽の現代化 ~ノイズ合唱団の新たなライブ予定 »