« ほぼ3連チャン ~ライブの宣伝 | Main | ハゲでデブでナルシスト 超Cool »

日本のデメトリオ・ストラトス? 義太夫節

私が見たい見たいと思ってまだ見る事がかなわない芸能の1つ、「文楽(ぶんらく)」。
そして、登場人物の台詞と心理、情景描写まで全てを1人で語り分ける「太夫(たゆう)」。
その太夫が語るのが「義太夫節」

能楽師の知り合いが「義太夫節は凄いよ」と言っていたのをはじめ、見たことのある人は皆「凄い」と認める義太夫節。タワーかどっかで拾った、伝統邦楽のCDを紹介する小冊子には、「義太夫節」のCD(竹本綱太夫)を「日本のデメトリオ・ストラトス!」と紹介していた。

声と伝統邦楽とデメトリオに興味のあるオレは、酒が切れたアル中のように、突発的に「義太夫節」を体験できるサイトをネットで探したら、ありました。

生の舞台を経験するのはもう少し先になりそうだけど、一足先にバーチャルで体験して、予習しておこう。
http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/

まず、「舞台芸術教材1」の「文楽」を選択します。
文楽を知らない人なら、この中の全てのコンテンツが勉強なりますが

声に限定した場合、
その中の「らくらく文楽」から「文楽テレビ」を選択します。

「太夫チャンネル」では、文章と共に、色々な語りを紹介しています。
義太夫節の発声は、日本人ならほとんどの人に馴染みのある声だと思うんだけど、
これを真似してみるとかなり難しい!!(ま、それは義太夫節に限らないんだろうけど)

そして、「太夫が床にあがるまで」を見ると、そんな彼らの腹式発声を支える、服装(腹帯、オトシ)や座り方における工夫が見られて非常に興味深い。やっぱりポイントは腹式なのねー

しかし、この義太夫節、チャーリー高橋さん曰く、浪曲などと違い(一部の浪曲師は演歌歌手になった。三波春夫とか村田英雄とか)、現代的な変化をとげなかったそうな。勿体無いなー。義太夫節の新作も作られていないというし。

チャーリー高橋さんのサイト
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/sacra-takahashi//sacra/index.shtml

|

« ほぼ3連チャン ~ライブの宣伝 | Main | ハゲでデブでナルシスト 超Cool »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ほぼ3連チャン ~ライブの宣伝 | Main | ハゲでデブでナルシスト 超Cool »