« 「巻上公一」に似た名前の漫画家って誰だっけなあ? | Main | 少しずつ進歩 ~ノイズ合唱団練習記 »

デスメタルの振動はスイカを美味しくする? ~東京デスメタルフェス観戦記

05-04-30 渋谷サイクロン

外大の映画研究会が作成するオムニバスCDに、ノイズ合唱団の音源を提出する事になっていて、
今日が締め切りだったので、急いで昨日の練習の録音をPCに落とし編集。
計算とテキトーがゴッチャになった編集を行い、送ったのが3時。

そして渋谷サイクロンに到着したのが17時。
既に10バンド中5バンド目が、最後の曲を演奏していた。

まずサイクロンの狭さにビックリ。そして人の多さにもビックリ。熱い暑い!!

モッシュ(客席の中で、客が円形にグルグルと、暴れながら回ったりする)は起きておらず、ハードコア系とは違い、メタルファンはやっぱりモッシュしないのかあ、少し残念だなあ。と思っていた。(ちなみにメタルファンは、頭を前後に動かすヘッドバンギングを行います)

先にきていた声明の桜井真紀子さんと、桜井さんのお兄さんとその子供(桜井さんの甥の元気くん)曰く、
http://zipangu.com/sakurai/
3バンド目のMucopusが良くて、モッシュが起きていたよ、との事。
という事で、その後のバンドに期待。

印象に残ったのは、
InsidiousDecrepancy
これは、何と1人ユニットで、リズムマシーンを使い、馬鹿テクギターを弾きながら、デス声を使い分けるという、
凄い芸を披露する人だった。最近のデスメタルは、展開が非常に複雑なので、これを1人で全部やるというのはホントに凄い。
外見や、曲終了後直後に、普通の声で可愛く(本人は意識してないだろうが、妙に可愛らしい言い方だった)「サンキュー」と言ったり、MCでやたらと自分の商品の宣伝をしたり、曲名が毎回やたらと長かったり、
微妙なオタク臭が、イイ感じだった。

そして日本のバンド
VomitRemnants
体の線が他のバンドに比べて細いので見栄えが少し劣るのは仕方ない。(デスメタル系の人はマッチョな人が多い)
曲は、モッシュが沢山出来るので、とてもよい感じ。私も久しぶりに大いに暴れました(そしてとても疲れました)
声も、いわゆる最近のデスメタルで多用される「ヴィー」系で、エフェクターはおそらく使っておらず、衝撃。しかも、目の前で見ても、どうやって出してるのか分からない。悔し嬉しい。

最後の
Discorge
は、圧巻。
彼らのサンプル音源を聞いて、その声の凄さ(もはや「声」ではなく、完全に「ボイス」)に衝撃を受けて、今回、このフェスに行く事を決めていたので、凄く楽しみにしていた。
セッティングの時間がやたらと長く、その間に熱と、長時間立っていることによる腰の疲れで、頭が朦朧としてくる。
で、演奏が始まったが、あのセッティングの時間の長さは何だったのよ、と思いたくなるほど、音の分離が悪い(笑。それともわざとかな?オレ的には、非常にノイズ音楽っぽくて好みなんだけどね)。
ただ、彼らが演奏している間は、ほとんどモッシュが起きていた事から分かるように、そのステージングは圧巻。
そしてボーカルも圧巻。平然とした顔で、ずーーーーーっと「ヴィー」を言っていた。
しかもそのバリエーションの少なさにもビックリ。別にボーカルじゃなくても、サンプリングマシーンでもいいじゃない、と思うほど。

しかし、あの「ヴィー」という音は、PAを通した場合、実によく聞こえる。おそらく、他の楽器との兼ね合いで、周波数に丁度いいのだろう。

いやー誰かあのやり方教えてください。
息を吸いながら出しているというネットでの書き込みを見たことあるけど、
Vomitにしても、Discorgeにしても、吸ってる感じじゃなかったしなあ・・・

で、タイトルについてです。
終了後、桜井一家と中華を食べながら、色々な話を聞きました。
桜井さんのお兄さんは、広島大学で、植物の研究をなさっている教授だそうで、
スイカは220hzの音を当てると美味しくなるんだそうです。
という事はクラシックよりも、よほど低周波の多いデスメタルの方が聞きそう、との事でした。

|

« 「巻上公一」に似た名前の漫画家って誰だっけなあ? | Main | 少しずつ進歩 ~ノイズ合唱団練習記 »

Comments

220hzというと、ピアノでいうところの、真ん中のドから二つ左に下がったラの音ですね。
ジャチント・シェルシという現代音楽の作曲家が、自分の精神病を治すために、一つの音を鳴らし続けてメディテーションをした、という逸話がありますが、スイカさんにもそのようにラの音を浴びせ続けると良いのですかねえ?
今度スーパーで買ってきてためしてみたいです。

Posted by: ひび | 2005.05.01 at 10:37 PM

220hzというと、ピアノでいうところの、真ん中のドから二つ左に下がったラの音ですね。
ジャチント・シェルシという現代音楽の作曲家が、自分の精神病を治すために、一つの音を鳴らし続けてメディテーションをした、という逸話がありますが、スイカさんにもそのようにラの音を浴びせ続けると良いのですかねえ?
今度スーパーで買ってきてためしてみたいです。

Posted by: ひび | 2005.05.01 at 10:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「巻上公一」に似た名前の漫画家って誰だっけなあ? | Main | 少しずつ進歩 ~ノイズ合唱団練習記 »