« slayerの弦楽器カバー、rahzel+マイクパットン | Main | もっとノイズがいいなあ ~練習記 »

人間が怖い

7/10に、日本口琴協会の定例会で、初めての「ソロ語り」をやります。

普通のいわゆる朗読には、なぜか、軽い嫌悪感があるのと、
私が普通に、普通の声で朗読をやる意味は無いので、
・喉声
・ノイズ声
などを駆使して、語る予定なのです。

で、今題材を探しているのですが、

まず、ッタッタさんに勧められた「新耳袋 第7集」と、図書館でその隣に置いてあった「怪談之怪之怪談」を読みました。
>ッタッタさん有難う!

これ面白いし、是非語ってみたいし、実際に何編か読もうかと思っているんですが、読みながらあまりピンと来てない自分がいる事に気づきました。

なぜか?

私はこういった怪異現象とは無縁だったり、そもそも祖父が大変熱心な宗教家だったので、こういった現象にあまり恐れを感じない、という事もあるんでしょうが、

よほど人間の方が怖いと思うのです。

いつ起きるか分からない地震、のような自然現象も恐ろしいですが、東京に住んでいると、別に日常的に自然現象を恐れることはありません。

人間は、個人であれ、集団であれ、普通の人(集団)が、突然「魔が差す」としか言いようが無いことをしでかすことがあります。今の時代、普通に生活していても、事件や事故に巻き込まれることは珍しくありません。

なので、私には、人間の方が怖い

そして、語りの題材が「怖い」や「奇妙」である必用が無いことも気づきました。

結局、どんな内容のお話であろうと、お客の感情に一番訴えるのは、同じ時代を、似たような境遇で生きている人間による出来事だと思うのです。

という訳で、

・現代を舞台にした
・人間が魔が差したような行動をしたために起きた悲喜(恐怖)劇
・短編か中編

という条件を満たす、良いテキストをご存知でしたら是非教えてください
(「語り」自体は、今後も継続して行う予定なので、単純に「ウィリアムに読ませたら面白そう」というネタも大歓迎です。)

そして、題材探しと平行して、どういう風に語るかも考えています。

理想は、「歌(ノイズ)」と「普通の語り」と、台本には無い、「自分自身による突っ込み等のコメント」の3つが、混然一体となった、節談説教(いや、ホントに素晴らしい芸能なんですよ、コレ。元倍音Sの岡山君も最近、日本語による語りの芸に興味を持っているそうなので、広陵兼純師のCDを聞かせたらスゲー感動してた。ニヤリ。)のようなスタイル!

ただ、これはすぐに出来る芸当では無いし、これを完コピするのも芸が無い。

もちっと1人ブレスト。
(アイディアというよりかは、概念図、分類みたいになっちゃったなあ。メロディと演者によるコメント。は、研究が必要です)

・声色の使い分け

  種類
   普通の声(高音、低音)
   歌声(ベルカントやら黒人ぽいのやら)
   喉声
   カルグラ
   ノイズ声
   (ただし、発音がハッキリ聞こえるテク
    =軟口蓋、デス声、カナキリ声、フィルミントン声、
     フライングパン、マイクを使ったテク、テクの組み合わせ、等)

  使い分けの範囲
   1つの話の中で
   段落ゴト
   登場人物の台詞で
   短編ゴト
   単語ゴト、1語ゴト、ランダムに変化

・読み方の使い分け

  読み方の規範と、規範からの離脱の度合い
   強弱
   音高
   リズム
   音色
   (この4要素で感情を形作るんでしょうね。
    喜怒哀楽と無感情。
    そういえば楽ってなんだろう。楽って。)
   訛りやバグ
   (ドモる、舌ッ足らず、歯札音、等)
   
・メロディ
  
   旋律の種類
   メロディと単語の関係
   メロディを入れる場所
   その効果

・演者自身のコメント

   コメントの種類
   入れる場所、タイミング
   その効果

|

« slayerの弦楽器カバー、rahzel+マイクパットン | Main | もっとノイズがいいなあ ~練習記 »

Comments

「椰子椰子」という川上弘美さんの変な小説があるのですけど、その中に妙なお話がいろいろ出てきます。「もぐら」とか「双児の鳥」とか登場するので、朗読にどうでしょう?しかし、主人公が女性というのが気になるところなのですが、、、。

Posted by: ヒビ | 2005.07.03 at 02:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« slayerの弦楽器カバー、rahzel+マイクパットン | Main | もっとノイズがいいなあ ~練習記 »