« デス声で語り 8/6,7ライブ練習記 | Main | 世界口笛大会のビデオ募集 »

即興論

今日は1日オフ。
メシ食って、昨日ウチに来た姪っ子二人と遊んで、昼寝して、メシ食って、姪っ子と遊んで、ホセインアリーザーデのCD聞いて、そんでもうすぐ寝ます。

で、さっき、寝る前にメールの処理をしていました。
その1つ、コラボラボ oh-hoの高橋さんのメールの返信を書きながら即興について考えさせられました。

コラボラボ oh-hoとは、近いうちにノイズと即興系のワークショップをやる事になりそうなのですが、それは決まったらまた告知します。

コラボラボのサイト
http://www.iamas.ac.jp/~masaot99/s/

で、即興について。

「自由な即興」といわれるジャンルがあります。
これは、いわゆる「西洋の即興」と呼んでいいでしょう。いわゆる「現代音楽」、「サウンドアート」、「フリージャズ」、「ノイズ」、イギリス人のデレク・ベイリーに端を発する「フリーインプロビゼーション」、これらの中のどれか(もしくは複数)の流れを汲む即興です。(これ以外にもあったら教えてください)

で、私はたまにこの「自由な即興」を人前でやる機会があります。その場合のアプローチは、ルールがあれば(自由な即興といっても、時にはルールがあったりします)それに従うし、無ければ、その場その場で思いついたことをやります。最近は、予め、何をしたいか、何をするかを2,3考えておいてから望むことも多いです。

あ、勿論、私はボイスが専門なので、声や口腔を使った表現がメインです。以前、楽器を使った即興にチャレンジして痛い目にあったので(苦笑)、今は、声や口腔による表現に限定しています。

2人以上でやる場合は、音響的なアプローチに最近は興味があります。つまり、相手と音を重ねる事によって起きる音の変化を模索する事です。勿論、それだけでなく、その模索をやめて、自分勝手に音を出したり、音韻的なアプローチ(簡単に言うと、時間軸の中での、音の連なり=連続するフレーズのことです)を取ったり、その場合も相手に合わせたり、相手のことを無視したり、音響・音韻を融合させたり、様々です。(音響と音韻を完全に分離することは不可能です。なので、ここでいう音韻と音響は、それぞれのパラメーターの度合いの問題です)

ソロでは、最近の興味は、ランダム性です。具体的に言うと、コントロールして、ランダムな音が出るようにする、という事です。例えば、唇をチューッと吸ってみると、音が一定しません。むしろ音を一定させる方が難しい。しかし、自分では予想の付かない音がランダムに生じます。これが、コントロールしてランダムな音を出す、という事です。

で、いずれにせよ、即興演奏をする場合、頭の中では、意識的(時には無意識的)に、次にやる事を考えます。もしくは、考えが出るまで待ちます。つまり、記憶に頼る即興です。記憶とは、「具体的な音」(過去に聞いた事のある音源であったり、自分で行った演奏の記憶だったり)、「アイディア」だったりします。後者の場合は、例えば、「コントロールしてランダムな音を出す」方法を、今までにやってない手段でやってみよう、とかです。

勝手に体が動いたりすることもありますが、それは無意識的な記憶なんでしょうかね。それとも、これこそが、後で述べる「記憶に頼らない即興」なのでしょうか?

それはともかく、こういった理由で、私は、即興演奏に望むには、即興の「素材」を多く用意する事が大事だと思っています。

最近、新しいアプローチとして興味があるのは、世界的な前衛音楽家、大友良英氏が最近言っている「記憶の頼らない即興」です。氏は、脳のメカニズムにおいて、記憶に頼らない行動が可能であると指摘し、それの音楽演奏への応用の可能性について語っています。しかし、具体的な方法にまでは至ってようなので、氏のサイトをチェックしつつ、自分でも模索していきたいと思っています。

大友良英氏のサイト
http://d.hatena.ne.jp/otomojamjam/※サイト上部の検索窓で、「記憶」といれ、「日記」をクリックすると、過去の「音と記憶」に関する氏の日記が読めます。

こういった、脳の仕組みを知る事で生まれ得るアプローチも興味深いですが、恐らく、既存の、色んな民族音楽の即興へのアプローチを調べる事で、新しいアプローチは探せそうだなあ。音楽に関わっている人の多さ、伝統の深さってのは本当に凄いもんなあ。

なお、これ以外のアプローチもしくは可能性があれば是非教えてください。

|

« デス声で語り 8/6,7ライブ練習記 | Main | 世界口笛大会のビデオ募集 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« デス声で語り 8/6,7ライブ練習記 | Main | 世界口笛大会のビデオ募集 »