« 「男は度胸、女は愛嬌」今は昔 | Main | 声帯を破る »

90で現役

「大竹富江」さんという、23の時にブラジルに移民した芸術家の存在を今日知った。

私は母が日系のブラジル人で、私もブラジルで生まれているので、日系移民にはどうしても興味を持ってしまう。

ネットで簡単に検索すると、すぐに出てきた。
http://www.nikkeyshimbun.com.br/040101-09-2-anonovo.html

絵を描くために来伯したのだが、まずは主婦業に専念し、アートを始めるのは40過ぎからでも遅くない、という事で、本当に40過ぎから始める。そして90になった今でも、第1線で活躍していらっしゃるという。

昔だってそうだっただろうが、特に今の時代、このように余裕を持つ事は、なかなか難しい。

が、見習いたいものだ。

たしかビヨークも、50からが本番と言ってたなあ。

|

« 「男は度胸、女は愛嬌」今は昔 | Main | 声帯を破る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「男は度胸、女は愛嬌」今は昔 | Main | 声帯を破る »