« 平安時代の音楽の練習と効用 | Main | 8/19公演の解説 »

ノイズ花火

今日は完全休養日

当初の予定が変わり、私の民族音楽の師である、エバート帝夫婦と大田区の花火を見に行く事に。

花火大会は、大田区主催で、調布や隅田川に比べて人数は少ないが、その分、近くで見れて、花火の醍醐味を味わえることが出来た。最近の花火は進化してるねー。凄い!

しかし、マイミクのアナーキー吉田君も書いていたが、BGMとしてノイズが流れてたら、より最高だろうなー。いつかやりたいなー、ノイズ花火。

というか、花火の醍醐味として、あの音の大きさは絶対ある。戦争ぐらいでしか聞けないぐらいのあの音量の大きさは、ほとんどの人は意識してないだろうが、間違いなく、花火の醍醐味の1つだ。

その後、エバート帝のご自宅の近くの焼き鳥屋へ。ゴケコーンされてからは、初めての呑みだったが、夫婦としては仲睦まじい感じ。

その店で、ウーロン杯3杯。最後の2杯は焼酎ダブルで。その前に、花火大会でビールを二本空ける。しかし弱くなったー、と、帰りの電車の中で実感。

今日の収穫は花火と、先生との様々な話と(短二度の合唱はアルバニアに多いらしい!!)、節談説教のCDとタハリールのカセットブック(楽譜付き!!)をお借りできたこと!!

|

« 平安時代の音楽の練習と効用 | Main | 8/19公演の解説 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 平安時代の音楽の練習と効用 | Main | 8/19公演の解説 »