« アンテナを張り、時間をかけて表現を作り上げる ~ライブ報告 | Main | 朝・昼・夜と、リハ三昧 »

灰野敬二とボイストリオ 10/8ライブ

haino
アンダーグラウンド即興シーンのパイオニアの1人でありながら、現在でも一線で活躍している灰野敬二さんという凄いミュージシャンがいる。

そんな灰野さんとは、今年の2月にライブで共演するという幸運な機会があった。

その時に、色々な話をさせて頂いたのだが、灰野さんは、元々ボーカル志望だったんだそうな。ところが、「自分のボーカルに見合う良いギタリストがいないので、自分で演奏し始めた」んだそう。

なので、ボイスには思いいれがあるそうで、「いつかボイストリオやりたいんだよねー」とおっしゃっていた。

で、私が円盤で毎月、企画をやらせてもらう事になって、10月のイベント内容を考えていた時、この言葉を思い出し、灰野さんにボイストリオの提案したところ、OKとの返事を頂いた。

だが、トリオなので、もう1人必要。このもう1人がなかなか思い当たらない。

私のお師匠さんのようなミュージシャン、巻上公一さんも考えたが、他の企画の時に是非デュオで共演したいのと、巻上さんの場合、熱海に住んでいらっしゃるので、今回のイベントのように、チケット代があまり高くなく、会場のキャパが狭い場合、あまりギャラをお支払いできないので、今回は断念。

ノイズ的なアプローチでは「吉田アミ」というミュージシャンがいて、いつか共演したいと思っているのだが、私は面識が無いし、彼女は比較的キレイな、いわゆる「音響」的な感じのアプローチなので、ちょっと灰野さんとは合わないかなと思い、これも断念。

円盤オーナーの田口さんに相談したら、「ruinsの吉田達也はどう?」と言ったくれて灰野さんにも相談したが、吉田さんのファニーな感じのボーカルは、今回のコンセプトにはあまり合わなさそう、との事で却下。

そうすると、灰野さんに対抗できるぐらいのボイスの人を他に思い当たらないし、そもそも、ボイスでソロをやってる人なんてあまりいないし、私自身があまり知らない。


あ、こんな人がいるよ、ってのがあれば是非教えてください。今後の参考にします。


デスメタルやハードコアのジャンルの人で、ボイスをやってる人がいればなあ、と思うも、今回は見つからず。(「バトルホーク」というバンドの関口さんを推薦されたが、今回はコンタクトが取れず。あと、以前見た肉奴隷のVoも考えたが、接点が無いし、店内壊しそうな気がして今回は止めておいた)。

seo
しかし、先日、良い人を見つけた。
その人は、瀬尾亮さんというミュージシャン。ソロで、私とは違うノイズ的なアプローチで演奏してきた方。
http://seonious.com/

4年ぐらい前に、一度ライブを拝見したこともあったし、存在はしっていたのだが、その時は特に印象に残らなかったのだが、

先日、ノイズ合唱団のワークショップに参加してくれた時のパフォーマンスがとても面白く刺激的だったので、今回お願いする事にしました。

私やノイズ合唱団の連中の場合、ドローン的な感じでやっているんですが、瀬尾さんは展開が早い、早い!!なので、当然我々と使っているテクニックが違ってくるし、非常に参考になりました。

これでようやく3人揃ったわけですが、会話と同じで、人が3人ぐらい集まると話が結構弾むのと同じで、即興の場合も、やはり3人ぐらいが丁度良い感じがするんですが、さてどうなるか。

いやー楽しみだー!!

■10/8 ウィリ山ウンテン vol.2
1部:琴歌譜より「歌返」
2部:灰野敬二+瀬尾 亮+ウィリアム ボイストリオ
19時開場 19時半開演
場所:円盤(JR高円寺駅下車 徒歩1~2分)TEL:03-5306-2937
料金: チケット代2000円(1ドリンク付)

|

« アンテナを張り、時間をかけて表現を作り上げる ~ライブ報告 | Main | 朝・昼・夜と、リハ三昧 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アンテナを張り、時間をかけて表現を作り上げる ~ライブ報告 | Main | 朝・昼・夜と、リハ三昧 »