« 踊りデビュー | Main | 明日オススメライブ&まとめて日記 »

ケツ痛い

・バイトに行くと、キレイな社員が入社。これだけでやる気が出てくる。男っていやねー。

・で、バイト先のオンラインショップがオープンしました。
定期的にプールで運動してる方には是非試してみて頂いて、感想を聞きたいです。
http://www.qualitysports.co.jp/

・仕事の途中、某有名デザイナー事務所から電話。先日のモンゴル音楽のコンサートで、事務所の方が見に来ていたらしく、それを某デザイナーに伝えたら、私に興味を持ってくれたらしく、「ホーミーの」コンサートの日程を質問してきました。あまりに「ホーミーのコンサートを」と念を押してくるので、ノイズ合唱団のライブの日でも教えてやろうかと思いましたが、お客様は神様なので、ちゃんとホーメイ系のコンサートの日程を伝えたところ、その日程は全て予定が入っていて行けない、との事でした(笑)。でも、ファッションショーやSMショーでBGMしてみたいなー

・歌舞伎座の夜の部に、歌舞伎を観劇。近代の日本人の美意識が強く反映された舞台を見ながら、伝統に則った現代の表現方法について、日本酒とヌレ煎餅を食べながら、少し考える。
・日本の伝統芸を見ながらの日本酒は絶望的に良く合う。それにヌレ煎餅が加われば鬼に金棒
・歌舞伎は、ちゃんと検証した訳ではありませんが、能・狂言・義太夫(浄瑠璃)をミックスして、かつオリジナルなテイストを加えたジャンルだと思うのです。
・伝統的な表現が、一般(特に若い世代)に浸透しておらず、むしろ特殊な表現に位置しつつある現代で、伝統に則りつつも、現代的な表現を作り上げることは可能なのでしょうか?可能ならば、どの程度有効なんでしょう?
・私見では、日本の伝統芸能の多くは、現代でも充分に通用すると思いますが、もっと現代的に変化する余地があってもいいと思うのです。そうしなければ「生きている芸能」では無いと思うのです。保存するだけが目的の芸能になってしまうと思うのです。
・三味線音楽の響きは、アメリカのブルーズに共通する部分が多いと思います。ブルーズがエレクトリック化し、バンドという形態になり、ロックとして、世界的な広がりを見た経緯を見ると、三味線音楽だって、現代的な変化を遂げることで、同じ経緯を辿ることは空想では無いと思うのです。

・話は変わりますが、歌舞伎の演目の中に、6歳の役者の子のお披露目もやっていて、稚児舞のセクシャリティについてふと考えました。現代においては、特殊な性的嗜好でも無い限り、子供を見て性的に興奮することはありませんが、武士社会では、男が男や、小さな男の子とセックスすることは、武士のタシナミの1つであったそうです。そういう視点で見ると、歌舞伎にもその性的な嗜好は反映されているように思いました。現代では、小さな子供が一生懸命踊っているのを微笑ましく見る、という視点がほとんどだと思いますが、江戸時代の人々、もしかしたら、昭和の初期ぐらいまでは、結構ドキドキしながら見てた客も多かったのかなーとボンヤリ考えたりしました。

・しかし、歌舞伎座の座席は長時間座っていると、ケツが痛くなって仕方が無い。私だけかなあ?

・その後、歌舞伎を一緒に見に行った、高知女2人組と飲み。父方の祖父は高知の人で、その祖父も、そして私の父も一人っ子だったため、日本には親戚はほとんどいませんが、数少ない、そして今でも連絡を取っている親戚が高知にいるので、高知の人ってだけで、シンパシーが湧いてしまうのです。
・ちなみに、彼女達は映像作家で、今週の木曜に上映会を、シネマボカン@池の上でやります。1人の子の作品を昔見た事があるのですが、高知の川で、川遊びしている人たちが、川に飛び込む映像がひたすら流れている、シンプルながらも、爽快なインパクトのある作品でした。その子は、今回は高知の祭りをテーマにしているので、とても楽しみです。
http://www3.zero.ad.jp/CinemaBokan/enter.html

・あ、明日、ヤツマターズのライブです。今回は、スマン3という、こちらもトリオバンドとの共演です。映像と、スマン3とのコラボも途中で挟み込み、いわゆる普通のライブとは少し赴きを異にします。

■11/23 ”ヤツマターズ”と”スマン3”~変則トリオの対決~
18:30 open 19:00 start
場所:「公園通りクラシックス」
渋谷区宇田川町19-5東京山手教会B1F
TEL: 03-3464-2701
URL:http://www.radio-zipangu.com/koendori/index.php
*アクセス: 渋谷駅・徒歩7分
チケット代:¥2500(1ドリンク付き)

・そういえば、昨日、踊りデビューについて書きましたが、踊りの振り付けは桜井さんにやって頂く事を書き忘れました。

・そうそう、フレームドラムとボイスとダンスのチーム、「チャンドラナーダ」の次のライブが、12/16に決定しました。場所は、外苑前の「月見ル君想フ」です。

・告知するのを忘れていましたが、高円寺は円盤の年越しライブにノイズ合唱団として出演することが決定しました。主催者の田口さん曰く、年明け直後に、ノイズ声で、「明けましておめでとうございます」と言って欲しいそうです(笑)。あ、これまた告知してなかったんですが、来年1/14の円盤ジャンボリーにもノイズ合唱団として出演します。そして、私は司会もする予定です。

・日本のホーメイ研究と演奏の第一人者、「等々力政彦」さんによる、トゥバ民謡ワークショップが開催されます。ウチの近所で(笑)。以下、主催の岡山守冶の文章の引用です。

~~~等々力政彦(タルバガン)に習う「トゥバ民謡ワークショップ」~~~

ホーメイ、トゥバ民謡好きにはたまらないワークショップが開催されます!
あの!タルバガンの等々力政彦さんにトゥバの民謡を習うというまたとないチャンスです。
トゥバ共和国の代表的民謡を中心に独特の韻を踏んだ歌詞、トゥバ語の発音、トゥバの文化的背景などを学んでいきましょう。
ホーメイが出来ない!という人でも民謡なら歌えます。
ホーメイをやっている、興味があるという方はより理解が深まることでしょう。

●日時 12月7日(水)19時半~21時半(19時よりお入りいただけます)

●料金 2500円

●場所 調布市 青少年交流館 1階
所在地/調布市飛田給1-52-1
電話/0424-81-1115
交通/京王線飛田給駅北口から徒歩5分
※駐車場はありません。

案内図
http://www2.wagamac...

●予約 人数把握の為必ず前日までにご連絡下さい。メールもしくはお電話にて。
    shujivions@hotmail.com
    090-3888-3226(岡山) 

|

« 踊りデビュー | Main | 明日オススメライブ&まとめて日記 »