« 12/11日記 駄目駄目だー | Main | おそろドゥーティー »

ドキッ!ホーメイだらけの・・・

明日、ホーメイのライブ

☆オススメ1:正統派ホーメイグループ「タルバガン」が見れる

タルバガンは、メンバーのお2人が、大阪と北海道に住んでいるため、東京ではあまり見れません。

また、私を含む、元/現「倍音S」組や山川冬樹さんなど、現在東京で聞ける「ホーメイ」の多くは、「歌唱法」としてのホーメイを利用した、各人のオリジナルの表現で、「民謡」としてのホーメイでありません。

ロシア連邦はトゥバ共和国の「ホーメイ」は、その特殊な歌唱法が有名ですが、現地では「歌詞を伴う民謡」なのです。

タルバガンの等々力政彦さんは、そんなトゥバに通い続けて10ン年。ホーメイの研究・演奏家としては、おそらく、世界でも有数の方でしょう。

そして相方の嵯峨治彦さんは、ここ数年は毎年モンゴルに行っている、日本有数の馬頭琴演奏者です。

彼等のレパートリーは、多少の編曲や、日本民謡はあるものの、トゥバ、モンゴルの民謡をベースにしております。

なので、トゥバやモンゴルの風を感じたい方には絶好のチャンスです!


☆オススメ2:異端派ホーメイ演奏家との対比が見れる

これは、私と岡山君のことなんですが、上記の通り、我々は、歌唱法としてのホーメイはやりますが、民謡はほとんどやりません。

私ら2人がいた「倍音S」は、オリジナルの曲をやっていたのですが、そのオリジナルを志向したのには、「タルバガン」の存在が強く影響しました。

岡山君はソロで、エフェクターやサンプラーを使った、独自のディープな演奏を行う予定です。

私は、多分ホーメイはあまり使いません(笑)。嵯峨治彦さんと、デュオで、フリーインプロビゼーションと呼ばれる、即興演奏を行います。

嵯峨さんは、最近は、積極的に即興演奏にも挑戦しており、今年の4月に初めて即興演奏を一緒にやったんですが、それがとても良かったので、それから約半年経った今、お互いの成長がどう表現に現れるか、とても楽しみです。

タルバガンがトゥバやモンゴルの風ならば、私等は「東京」の雰囲気を感じさせれば、と思います。

いずれにせよ、「ホーメイ」という共通のキーワードがあるものの、私等とタルバガンが一緒にやるのは久しぶりですし、次はまたいつやれるかも分からないので、今回は要チェックです。


☆オススメ3:三枝さんの声も聞ける

三枝彩子さんは、モンゴルの伝統声楽「オルティンドー」の歌手です。

オルティンドーってのは、口をあまり大きく開けずに出す、その大きな声量と、驚異的な声域の広さと、「喉打ち」と呼ばれている独特のコブシが特徴なんですが、

彼女は、その実力を、ご当地モンゴルでも認められている、貴重な歌手です。

凄い女声を聞きたいって方、もしくは声量で悩みのある女性ボーカルの方、とりあえずは騙されたと思って、「波動砲」とも呼ばれている(笑)、三枝さんの声を体験してみてください。


------------------------
19時開場 19時半開演
吉祥寺FourthFloor  
武蔵野市吉祥寺南町1-5-5 炭屋ビル4F
JR・井の頭線 吉祥寺駅公園口下車徒歩1分 松屋となり
http://fourthfloor.sub.jp/
チャージ:3000円(ワンドリンク付)
出演:等々力政彦、嵯峨治彦、田中孝子(ギター・パーッカッションほか)、岡山守治(倍音楽家)、徳久ウィリアム幸太郎、三枝彩子(オルティンドー)

|

« 12/11日記 駄目駄目だー | Main | おそろドゥーティー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 12/11日記 駄目駄目だー | Main | おそろドゥーティー »