« 動禅 | Main | 2つのライブ情報追加 »

ノイズ初め

■今年もヨロシクお願いします。

今年は音楽の収入をより増やして、「音楽だけ生活」に早くシフトしたいな。

あ、ちなみに喪中ですので、新年のご挨拶は遠慮します。


■12/31 ノイズ合唱団ライブ@「円盤の2005年もありがとう」報告

・正確には、年明け0:30分ごろに演奏スタート。なので、新年一発目のライブ。それが、自分の主宰するユニット、というのはとても嬉しい。そして、更にノイジーな一年になりそうな予感(笑)

・当初は出演時間は25:20の予定だったのが、カウントダウンを、会場の「円盤」の店内で迎えていたら、店長の田口さんから「ノイズ合唱団、次できる?」と言われる。驚いたが、本来出るはずの秘密博士が来てなかったのと、それ以降のバンドがウチ等しかいなかったのでしょう。そしてコチラ側としては、お目出度い系のネタを最初にやる予定だったので、とても有難かった。

・まず初めに「第1回新春恒例ノイズ芸大会」と称して、メンバー3人が一発芸を披露し、ついでに田口さんにも披露して頂く。

・そこからは、店内に散って、それぞれのスピーカーから、いきなり即興ノイズを始め、1分後に無音を1分間。

そして、12/30のメガロシアターのイベントでも披露した移動ノイズを少し。音の移動をテーマにしたパフォーマンスの場合、それまではメガホンや拡声器を使っていたが、前回からアンプも直接動かす荒業を披露。勿論、今回も、重ーいアンプを肩に担ぎながらパフォーマンス。

・そんで3人一組ノイズ。ノイズ合唱団の女性メンバーによるボイストリオ「よろこびマリア」のライブがとても良かったのと、即興の場合、お互いの音、自分の音を良く聞こえるのは3人までが丁度良いと思うので、初めて試みた。

・口や声を使ってノイズをやる場合、ノイズ合唱団では、「息の音」、「唇」、「舌」、「頬の内側」、「軟口蓋」、「鼻腔」、「声帯」、「ホーメイ・カルグラ」、「デス声」、「吸って出す声」、フィルミントンというボイスパフォーマーが得意としている、喘息患者のような、漫画のケンケンのような「ヒーヒーいう声」、といった部位・テクニックを、単独、もしくは組み合わせたりして表現しているんですが、

・この3人一組ノイズでは、これらの部位・テクニックの中から1つを指定して、そのバリエーションを聞かせる事に。そして一定時間毎に、次の奏者が、次に指定された部位で演奏を始めたら、今まで演奏し始めた人の中から1人抜け、またしばらくトリオ演奏、そして次の奏者が、次に指定された部位で演奏を始める、といった事を最後まで繰り返して終了。

・ライブ終了後、高円寺駅改札すぐ近くの中華料理屋で打ち上げをしたり、また円盤に戻って知り合いと喋ったりする中で、ふと疑問が浮かんだ。

・感情や情景といった、具体的なテーマを持つ作品の場合、演奏中、作品の持つ具体的なテーマを思い浮かびながら、客にもそれが伝えるのが理想的で、それが出来たとき、おそらく表現はとても強度を持つのだが、

ノイズ合唱団の場合、そういった具体的な情景や感情が浮かぶテーマを避けてきた。人間の出すノイズ音が持つオモシロさや、「音の実験」的なことだけを提示することに勤めてきた(ま、今回のパフォーマンスのように、たまに、コント的なことや、パフォーミングアートみたいな事もやったりしますが)。

また、構成も、同じテーマ(この場合のテーマは、具体的な情景や感情を描くのではなく、音の実験に近い)を続けるのではなく、演奏時間を3~5分で割り、全く別々のテーマを持った小作品を、ただ並べることをしてきた。

騒音の多い東京のような街を移動する場合、人はそのように音を聞いているはずなので、この方法論は、客が東京で生活をしている限り、有効だと思っているのだが、

そういった場合、演奏者は何か具体的なイメージを持つべきなのだろうか?

具体的なイメージを持ち、それが客に伝わる時の、表現の強さは、少しずつ肌で感じ始めているので、おそらく具体的なイメージを持つ事はやった方がいいのだろうが、

ノイズ合唱で提示しているパフォーマンスの場合、果たして演者は何を思い浮かべるべきなのだろうか?

人間は何も具体的なイメージだけを思い浮かべている訳では無いし、むしろ、漠然とした抽象的なイメージや、もしくは何も思い浮かべて無い時も多い。感情だって、無感情や、うすーく色んな感情が混じってたりすることもよくある。

とすると、その時々に浮かぶ「抽象的なイメージ/感情」、もしくは「何も頭の中に浮かばない」事を、客に伝えるようにした方がいいのだろう。

ただし、ソロの演奏の場合、それでも良いだろうが、グループの場合、そのイメージが共通しているとより強度が増すだろう。

でも、ノイズだから、共通しない方がむしろいいのかな?

ま、何を思い浮かべるかはともかく、能楽師のような、妙な迫力を醸し出せるような精神状態を、メンバー全員が持てたら、それでも表現の強度は増しそうだなあ。

|

« 動禅 | Main | 2つのライブ情報追加 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 動禅 | Main | 2つのライブ情報追加 »