« 昨日客2人。それでもめげずに明日ライブ | Main | ウィリ山ウンテン1周年記念! »

プロドリンカー

先日のウィリ山ウンテン、とても内容がよかったけど、やはり集客できず。。。
過去のウィリ山シリーズの中で、最低人数を更新。。。
来ていただいたミュージシャンの方に本当に申し訳なく思う。

やっぱり地道なチラシ撒き、サイトでの宣伝が必要ですね
皆さんはどうやって効率よく宣伝してますか?


で、演奏内容。

我々はかなり淡々と演奏とMCを繰り返したが、最近気付いたけど、ああいう淡々とやるのが性に合うみたい。

高岡大祐さん(チューバ)は、1曲目に声を全く使わず。
「この人、声と楽器、というテーマを忘れてるんじゃないか・・・」という不安がよぎる。

2曲目の「不屈の民」も声を使わない。ますます不安になる。どういう風にそれを伝えようかと思ったら、
曲の途中から声を使い始めたので、一安心。

打ち上げの時に聞いたら、1曲目の時はイベントのテーマを忘れていたそうです。やっぱり。

即興演奏の一部や、MCも、大阪出身の人らしく、ユーモア/笑わせ系で、面白かった~

しかし、チューバの音はちゃんと出しながらも(時には循環呼吸で!)、声でメロディを取るっていうのは本当に凄い!


足立智美さんは、最初は小さな自作楽器をアンプリファイ+ボイス。

生音だとあまり面白く無い音でも、それを増幅させるとこんなにも面白くなる事を認識。

後半は、MAX/MSPと、スーツに仕込んだ無数の赤外線センサーによる、ボイスパフォーマンス。
動く事によって、赤外線センサーが反応し、マイクで拾った音に、ディレイやピッチシフター(音程が変わるやつね)、サンプリングが様々な形で適用される。

ボイスと動きとエレクトロニクスが見事に融合していて脱帽。
このパフォーマンスで、爆笑が起きたというのも頷けます。

打ち上げは、高岡さん紹介の焼き鳥屋に。
メッチャ旨い上に安い!
次のウィリ山の打ち上げもここかな

しかし、高岡さんは本当にプロのドリンカーである事を認識。
知っている範囲で、プロのドリンカーは2人目だ。

-----------------------------

で、次のライブ

先日、会場の下見に行きましたが、
想像以上に狭く、そして、想像以上にイイ雰囲気の場所でした。

少人数で生音でやるには最高の場所の1つかも。


■ 8/24(木) 神秘な声の旅 ~多様な声の表現と平安時代の芸能~
open 19:30 / start 20:30
場所:下北沢lete
http://www.h7.dion.ne.jp/~lete/
料金:2000円+ドリンク代

会場は20人で一杯になる小さなトコロですので、ご予約はお早めに!


-----------------------------
そしてライブ情報追加


■ヤツマターズライブ

「大曼陀羅!!四畳半の大宇宙!!Vol.11」
Mystery Train Railroad
9月12日(火)
Open 19:30 / Start 20:30
Charge \2,000 + drink
チケット購入:
メール(お名前、連絡先、希望枚数をご記入下さい)での受け付けとなり、先着順に受付番号(01~20)を返信いたします。ご予約チケットの引替えと精算は公演当日となります。尚、当日券の有無は公演日の17:30~18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

-----------------------------

■barbatuques

ブラジルの、ボディパーカッション進化系ユニット「barbatuques」のライブ。
イマイチ、CDのオモシロさは分からないかも。

http://www.youtube.com/watch?v=wRbdLGgIUf8
http://www.youtube.com/watch?v=mjQwnxciQek&mode


■調布でアイリッシュパブ

地元ネタですいません。

http://chofu.com/kennys/

|

« 昨日客2人。それでもめげずに明日ライブ | Main | ウィリ山ウンテン1周年記念! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 昨日客2人。それでもめげずに明日ライブ | Main | ウィリ山ウンテン1周年記念! »