« ウィリ山ウンテン1周年記念! | Main | 神秘の声 »

オールナイト ヒューマンビートボックス

明日の吉祥寺StarPinesCafeで行われる、オールナイトのヒップホップイベントに行くんですが、
興味のある方、一緒に行きませんか?

何度か共演経験のある、ヒューマンビートボクサー(HBB)の桜井響君をはじめ、太華さん、Sharleeなど、錚々たるHBB達が出演するそうです。

詳細URL
http://www.mandala.gr.jp/spcnite/0608.html

太華さんと言えば、このコンピ面白そう。
http://airplug.cocolog-nifty.com/breath/2006/07/releasemschipho_db41.html


------------------------
先日、イランに、3年以上音楽留学していた、憧れの谷正人さんに会う。
初めて会う人ってのは、性格が分からないだけに、ドキドキするものですが、
大阪のディープサウス出身者らしく(?)、話がメッチャ面白い方でした。

今は研究者として忙しいそうなので、コンサート活動はあまりやってないそうですが、
近々、是非東京公演(トーク&ライブ)を実現させたいなあ。

ネットに乗ってる音源を聞く限り、やはり素晴らしい~
http://www.nash.co.jp/fum/BUY_OUT/SERIES/WM903_info.shtml

以下、その時にした色んな話の中から(そして、載せられるものの中で:笑)、備忘録用として。

・初心者は「シュール旋法」から練習するのが良い
・生田久美子 『「わざ」から知る』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4130130641/250-3527182-2353847?v=glance&n=465392
・『20世紀におけるペルシア伝統芸術音楽の伝承』阪田 順子
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4885821428/sr=1-4/qid=1155914194/ref=sr_1_4/250-3527182-2353847?ie=UTF8&s=books
・『声の文化と文字の文化』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4938661365/sr=1-1/qid=1155914259/ref=sr_1_1/250-3527182-2353847?ie=UTF8&s=books

■ウィリ山ウンテンvol.13

日本では珍しい、在日イラン人演奏家のSiaを迎えて、イランの伝統音楽スペシャルの予定です。

10/1(日)
高円寺円盤
料金:チケット代2000円(1ドリンク付)
出演者:徳久ウィリアム


■このイベントオススメ

講師の宇都宮さんはとにかく凄いです。
映画と音楽の関係、という新しい視点が得られること請け合い。

映画美学校 特別公開講座

オーメン・コード ////オーメン3部作の音楽を解剖する-

日時 : 8月20日(日) 19:00~
会場 : 京橋 映画美学校 第2試写室(地下)
料金 : 1000円

講師 : 宇都宮泰(マッド・サイエンティスト ex.アフター・ディナー)
対談 : ゲイリー芦屋(作曲家)×高橋洋(脚本家・映画監督)
司会/進行 : 岸野雄一

一般:1000円
映画美学校生徒:500円(在校生であればどのコースでも可/要学生証提示)

元アフターディナー、少年ナイフのプロデュース、エンジニア、アートベアーズのリ
ミックスなどでお馴染みの日本が誇るマッド・サイエンティスト、宇都宮泰氏による
公開レクチャー。今年の6月に、大阪BRIDGEで行われたレクチャーの東京編です。

なんと題材はオーメン3部作の音楽を解読する試み。最近リメイクされたものでは
なく、1976年に公開された「オーメン」(リチャード・ドナー監督)、1978年
「オーメン2/ダミアン」(ドン・テイラー監督)、1981年「オーメン/最後の闘争」
(グラハム・ベーカー監督)までの三部作をとりあげます。
音楽担当はジェリー・ゴールドスミス。

司会進行は映画美学校/音楽美学講座のコーディネイター、岸野雄一、特別対談と
して「リング」「呪怨」の脚本として知られる高橋洋氏、数々の黒沢清作品の映画音
楽を手掛けてきたゲイリー芦屋氏も用意されています。

http://www.eigabigakkou.com/index.html

|

« ウィリ山ウンテン1周年記念! | Main | 神秘の声 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ウィリ山ウンテン1周年記念! | Main | 神秘の声 »