« フレームドラムとボイスと踊りのユニット「チャンドラ・ナーダ」ライブ | Main | 小ホールコンサートお手伝い募集 »

電波新聞

知り合いが、「電波新聞」なる新聞を一時期とっていたそうな。

「電波新聞」、調べてみれば分かるが、いわゆる業界紙。真面目ーな新聞。

でもこのネーミング凄いよね。

恐怖新聞を思い出しました。

---------------------
今日のライブ報告

は、詳しくは明日にでも。

手ごたえがあるライブになりました。

---------------------

で、明日、明後日とライブ

簡単に説明すると、明日(ってもう今日か)のは、民族音楽色の強いライブ。
明後日(ってもう明日か)のは、入場料無料で、ちょっと実験的な感じ。


    #フレームドラムとボイスと踊りのユニット「チャンドラナーダ」
     9/21 時間 Open : 19:00 start : 19:30
     場所:Museum Tokyo
     http://www.museumtokyo.com/new/scripts/map.php?venue=museum
     料金:2,500 yen
     出演:チャンドラナーダ
          立岩潤三(フレームドラム)
          西蔵(フレームドラム)
          谷口はるひ(フレームドラム、歌)
          徳久ウィリアム(ヴォイス)
          慶九(インド古典歌謡)
          麻矢鈴(シャーマニックダンス)
  
     詳細
     http://william.air-nifty.com/blog/2006/09/post_19d7.html


    #声ノイズ+マルチスピーカー
     9/22 時間 19時開場19時半開演
     場所:Janis 8階イベント・スペース
     http://www.janis-cd.com/map/
     料金:無料!
     出演:千葉真士(マルチ・スピーカー)、服部峻(アナログシンセ)、
         幕内純平(口琴)、徳久ウィリアム

     詳細
     http://william.air-nifty.com/blog/2006/09/post_37f7.html

--------------------
目を見開こう

巻上公一さんが作演出音楽出演するパフォーマンス「チャクルパッタム」
http://www.makigami.com/Event.html

私もパフォーマーの1人として出演予定。

このパフォーマンス、タイトルの通り、インドの「クーリヤッタム」という演劇の影響を受けているのだが、
練習でも、クーリヤッタムの練習を取り入れている。

その1つが、目をカッ!と大きく見開き、眉毛を上下させるエクササイズ。

これ、精神的にも作用するらしく、パフォーマンスにも、大きく影響する。

つまり、見ている人をちゃんと意識しつつも、自分のパフォーマンスに集中できる、ある意味、理想的な状態を作り出す。

興味のある人は、30分ほどやってみて。

--------------------
尾引、山川のトゥバ報告

倍音Sの尾引さんと、山川冬樹さんが、ホーメイの本場、トゥバ共和国に行って、伝説的なミュージシャンに会ってきたそうな。それを早速サイトやmixiで公開している。

http://blog.goo.ne.jp/vionsobiki/
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=10027022&comm_id=67573

--------------------
■nhhmbass
http://www.spaceshowertv.com/DAX/nhhmbasesp.html

円盤ジャンボリーで見たnhhmbassというバンド。
PVがかなりセンス良くてカッコいい


■インドのリズム言葉
http://www.youtube.com/watch?v=EV7KXGZdTog

マイミクはるひさんから。
す、凄い・・・

■超絶サントゥール
http://www.youtube.com/watch?v=xFVVf2Utt_4

す、凄い・・・
インドのサントゥール奏者も凄いと思ったけど、こっちはスピードが桁違い

|

« フレームドラムとボイスと踊りのユニット「チャンドラ・ナーダ」ライブ | Main | 小ホールコンサートお手伝い募集 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« フレームドラムとボイスと踊りのユニット「チャンドラ・ナーダ」ライブ | Main | 小ホールコンサートお手伝い募集 »