« 「神秘な声の旅」プログラムノート | Main | ノイズ合唱団練習日時決定 »

世界最古の演劇ワークショップ

最近、自分の課題が見えてきた。
リズムと音程だ。(今更かよ、という声も聞こえそうですが:笑)
これを克服するにはコツコツやっていくしかない。

すると、ネットの時間が必然的に減ってしまう・・・
でも仕方ないな~

-------------------
10/14のはもう終わってしまいましたが、クーリヤッタム、表現する上で大事なヒントがつまってるので、演劇人に限らず、ダンサー、ミュージシャンにもオススメです!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◇◇
インド古典劇「クーリヤッタム」のワークショップ開催

クーリヤッタムはインド最南端のケーララ州に伝わる、サンス
クリット古典劇です。
(参考HP http://kuti.artcamp.org/about.html)
世界最古の演劇のひとつと言われています。
2001年には、ユネスコ世界無形文化遺産に指定されました。

そのクーリヤッタムの基本動作を、日本での第一人者で、現地
でも活躍する入野智江さんから教わります。
(参考HP http://www.city.yokohama.jp/me/konan/catv/catv_0503/3week/catv_513.html

主に、クーリヤッタムを特徴づける、独特の目や眉の動きや「
ムドラ」といわれるハンドジェスチャーなどクーリヤッタムの
基本動作を学びます。

踊りの経験等は、まったく問いません。
なんせインドの古典劇ですから、やったことのある人はほとん
どいません。
お気軽にご参加ください。


今月の初めに、クーリヤッタムを取り入れたボイスパフォーマ
ンスの舞台「チャクルパッタム」(巻上公一さん演出)があり
ましたが、出演者からは“クーリヤッタムの目や眉等の動きを
教わって、非常に勉強になった”との声が聞かれました。その
動きを“やってみるだけで、気持ちがいい”との声もありまし
た。
私も「チャクルパッタム」を見に行きましたが、クーリヤッタ
ムという伝統の力に助けられ、出演者の表現力がますます引き
出されていたように思いました。素晴らしい舞台でした。


日時:10月14日(土曜)午後4時半から6時まで
場所:いずるば(最寄り駅:東急東横線多摩川もしくは東急多
摩川線沼部)
地図:http://www.mothership.info/izuruba.html
参加費:3000円
予約・問い合わせ先:kuuriyattam_ws@yahoo.co.jp(菊川)
※参加人数を把握したいので、必ずご予約お願いします。
※動きやすい格好でご参加ください。

次回は、11月18日(土曜)午後4時半から開催します。

入野智江 略歴
 1994年より南インド・ケーララ州をたびたび訪れ、グル
・アマヌール・マーダヴァ・チャーキャールのもとでサンスク
リット古典劇ナンギャ-ルク-トゥおよびクーリヤッタムを習
う。1996年1月にイリンジャラクダにおいてナンギャ-ル
ク-トゥの初舞台。2002年1月、ナタナカイラリ製作の新
作クーリヤッタム「シャクンタラ-」に女優役として出演。日
本国内でも公演やワークショップなどを精力的に行っている。
またナンギャ-ルク-トゥや伴奏打楽器ミラーヴの指導も行な
っている。
 南インド音楽の主要打楽器ムリダンガムを S.クリシュナ氏
に、ケーララの打楽器イダッキャをP.ナンダクマール氏に師事

 竹楽器のアンサンブル、バンブーオーケストラジャパンの打
楽器奏者としても活躍中。
 横浜ボートシアターなど演劇、舞踊の音楽も手がける。
 東京を中心に活動を展開中。


------------------------
□広告機構のCM
http://www.youtube.com/watch?v=LZTGcIc4Tdk
・ははは。何かいいなー

□TV on the radio
NYのバンド。最近注目されてるらしい。ナイン・インチ・ネールズのトレント・レズナー、BauhausのPeterMurphyとのライブもイイ感じ。
http://www.youtube.com/watch?v=d808dcKhCiY&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=bZYjHsbSQpY
http://www.youtube.com/watch?v=73qBnuzrjx0
http://www.youtube.com/watch?v=M-f-37JUOIg
http://www.youtube.com/watch?v=RZDAC7QZ1Jg


□激しいノイズのライブを体験したければ、超オススメ。でもちょっと危険。

電子雑音 Presents
★極東最前線 THE FAR EASTERN FRONT 2006 -EAST SIDE-

日時 : 2006年11月11日(土)
会場 : 高円寺20000v

http://www16.ocn.ne.jp/~k_20000v/"

Open : 17:30(予定)
Start : 18:00(予定)

チケット :
前売り券3,000円 (予価)
当日券3,500円 (予価)

出演 :
SLOGUN(U.S.A.)
SICKNESS(U.S.A.)
INCAPACITANTS(JPN)
PAINJERK(JPN)
ARAKATSUMA(NOISEUSE+GOVERNMENT ALPHA+MONTAGE/JPN)   
TIMISOARA(JPN)

Mail:Info@denzatsu.com
Info@teito-sound.com

★TADM Presents

"FUCK OFF SICKNESS, BYE BYE NOISE MUSIC"
FINAL LIVE PERFORMANCE OF SICKNESS, JAPAN EDTION

日時 : 2006年11月19日(日)
会場 : 渋谷Lush
http://www.toos.co.jp/lush/

Open : 17:00(予定)
Start : 18:00(予定)
チケット :
前売り券3,000円 (予価)
当日券3,500円 (予価)

出演 :
SLOGUN(U.S.A.)
SICKNESS(U.S.A.)
GOMIKAWA FUMIO(INCAPACITANTS vs PAINJERK/JPN)
ASTRO BLACK(ASTRO+RENKA/JPN)
GOVERNMENT ALPHA(JPN)
KILLER BUG(JPN)
FACIALMESS vs TADM(UK/CANADA)

|

« 「神秘な声の旅」プログラムノート | Main | ノイズ合唱団練習日時決定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「神秘な声の旅」プログラムノート | Main | ノイズ合唱団練習日時決定 »