« 明日ライブ | Main | <VOIZ>Vol.8 »

取手アートプロジェクト

昨日は取手アートプロジェクトのミーティング

着いて、まずボイスのワークショップの指導。
これは、「取手ノイズ合唱団」の第1歩。

創作系のアーティストの方は少し戸惑ってる感じ。
ま、慣れです。慣れ。

取手市民の方にも沢山参加してもらえると嬉しいなー
というか、頭に「取手」って着ける意味が薄れるなー
と思っていたら、

ガールスカウトの人たちが参加するかもしれないとの話が!
実現すれば嬉しい~
参加アーティストの1人、9歳のムッキちゃんもカブ(下部?)スカウトに所属しているようで、
ついでに、保護者のお父さん達も参加してくれたら面白いなー

野村さんの作曲だったら、普通の合唱団も協力してくれるかなー

そのほか、現在動いているプロジェクトの報告と場所決め。

私は、上述の「取手ノイズ合唱団」以外にも
浦田さんの「玄関コンサート」、相澤さんとの「ノイズ・プロジェクト(仮題)」、深澤さんの「肉声」に参加する予定。

「玄関コンサート」は、その名の通り、取手の家庭の玄関で、そのお家のお話やサウンドスケープを使ったコンサートをする予定。現在、3軒に打診したところ、1件はOK。1件は断られ、もう1件は、このアイディア自体には駄目出しを出されたが、違うアイディアが面白ければ協力したい、との事。

今回のアートプロジェクトのリーダーの野村誠さんが、断られるのは面白い!オレも一緒に断られたい!との一言で、飛び込みでもお願いしにいったらどうか?チラシで呼びかけたら?という案が出る。

その後の、「玄関コンサート」に関わる浦田さん、私、相澤さんの3人で、話し、玄関コンサートは、やらずに、幻のままでいいのはないか?色々なお家に伺うその過程を記録し、映像なりで報告を展示した方が多義的で面白い、という結論に至る。

報告に比べると、玄関コンサート自体は、面白みに少し欠けるが、とりあえずはやる方向でまとまる。しかし、一度はテストパフォーマンスしてみない事には、良く分からないので、3日にテストケースとして、どこかのお家をリサーチすることに。
しかし、メンバーのスケジュールが合わず、玄関コンサート自体は、19日のパーティ以降になりそう。

「ノイズ・プロジェクト」は、相澤さんのサウンド・コラージュと、私の声ノイズでコラボするのは非常に簡単に出来るのだが、わざわざ「取手アートプロジェクト」でやる意味を付けたいのだが、良いアイディアが浮かばず。

「肉声」は、深澤さんが作成した「肉塊的動物」の着ぐるみの中に入って声ノイズパフォーマンスをするというモノ。
おそらく、取手市内や、19日のイベント時には、ゲリラ的に、色んなところでやる予定。

現在、深澤さんは、3人ほど入れる肉塊の作成に着手しているので、それまた面白そう。


----------------------------
★文化と受容の仕方にも国民性
http://blog.so-net.ne.jp/kuroki/

★デメトリオ・ストラトス
この声の出し方が長い間謎でしたが、最近、何となく出来るようになりました~
http://www.youtube.com/watch?v=WYpqxWQPtZM

★クラスト・コア
カッコいいなー

ABRAHAM CROSS
http://www.youtube.com/watch?v=514va31tc1E

|

« 明日ライブ | Main | <VOIZ>Vol.8 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 明日ライブ | Main | <VOIZ>Vol.8 »