« 肩グラマー | Main | 今年最後のイベントで、来年初めての演奏 »

祖父の部屋にいるこの生き物って何だか分かりますか?

迷惑メールの中には、よく考えたナーと逆に感心させられるモノがありますが、これは久々のヒット。

ちなみに、grandfather_quick_walking@docomo.ne.jpというのが送信先でした。

『祖父はワンちゃんを拾ってきたんだよと
言ってるのですが、どう見ても犬じゃないですよね?
これ、日本にいて大丈夫な生き物でしょうか?
http://
写真をアップしておきましたので、
この生き物が何なのか
教えていただけないでしょうか?
犬はこんなに簡単に後ろ足のみで立ち上がったりしませんよね?』

■日記 12/27
・12/30のノイズ合唱団のリハ@渋谷のカラオケ

3人ぐらいだとカラオケで十分。しかも、カラオケのPAは、音響がフラットじゃないので、かなりノイジー。

「微音ノイズ」「ノイズ・ビートボックス」用のテクニックを色々と探し、メモしておき、お互いに発表。これをやるのは久しぶりだが、ネタが増えて嬉しい。また、他のメンバーから意外なテクニックを提案されると、これまた嬉しい。それでメモを見ながら、5分ほど演奏。

「微音ノイズ」は、マイクでしか拾わないような小さな音を出す。他の人の音はあまり聞かない。

「ノイズ・ビートボックス」は、ヒップホップのヒューマンビートボックスのノイズ合唱団版。快楽的に、ノイズとビートを織り交ぜる。リズムを鍛えるために、ノイズを無しでやってみるも、リズムを刻むために使う音色がノイズなので、自然とノイズ+リズムっぽく聞こえ、こっちの方がカラーがハッキリするのがイイ感じ。

最後に、当日予定している曲の頭2つをやってみる。

1.自然音 → ハーシュノイズ
2.ノイズドローン → カルグラドローン

ノイズドローンは、イマイチだったので、息の音だけでやってみる。するとカラーがハッキリした。カルグラは、かなり上達して、イイ感じ。もうちょっと音色が安定すると更に良くなりそう。多分、当日にカルグラのアップを沢山すれば解決できそう。

ちなみに、他の曲は、

3.微音 → ランダムノイズ
4.ノイズビートボックス

なお、2の「カルグラドローン」の時に、共演の倍音S尾引さんに参加してもらうほか、3の「微音」でも、当日の共演の野村さんにオファー中。

イベント概要はこんな感じ

#時間 Open : 18:30 start : 20:00
  場所:ギャラリールデコ(渋谷駅徒歩5分)
     渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル TEL:03‐5485‐5188
     http://home.att.ne.jp/gamma/ledeco/map.html
料金:前売り1500円当日1800円
出演:武楽座、野村誠、菅尾なぎさ、ピラミ、初期型、ノイズ合唱団、倍音S、岡佐和香、など

スケジュールはここ
http://www.megalo.biz/htdocs/mizunagasi.html

・で、夜は12/31のリハ@ウチ

酒を飲みながら、前回のライブビデオを見る。
相棒の中島は張り切りすぎて、そして俺は曲を覚えてなかったりリズム感悪かったりで、反省。

んで、前回やった曲の中で一番出来が悪かった「ホーメイ・ブルーズ」を練習。アレンジを少し変更。歌詞も追加。

そして他の曲も一通りオサライ。

ただ、SkipJamesの「HardTimeKillingFloor」は、シックリこなかったので、今度のライブでは、代わりに、Howlin'Wolfの「Moanin'atMidnight」をやる予定。

中島に、ブルーズハープを勧められる。もっともブルーズらしい楽器だし、とっつきやすい楽器だし、ボーカルと楽器の中間のような特性が、俺のスタイルに合ってそう、とのこと。ただ、家でコツコツ練習するよりかは、ライブで1曲ずつやりながら習得するのが良さそう、という事で、来年からブルーズハープに挑戦する予定です

で、大晦日のイベント概要です。

#時間 16:00- 翌朝まで
  場所:円盤(JR高円寺駅下車 徒歩1~2分)
     杉並区高円寺南3-59-11 五麟館ビル201 Tel/Fax : 03-5306-2937
     http://www.enban.org/map.html
料金:チケット代1000円(1ドリンク付)
 出演者:円盤にゆかりのある人がとにかく多数!

■日記12/28

・ヤツマターズリーダー須藤家で餅つき忘年会

ここで俺は何をトチ狂ったか、須藤家までチャリで行くことを決意。

片道で1時間半かかる。。。

忘年会は、須藤さんゆかりの色んな人がきて、食って飲んで演奏して、素敵な会となりました。
私も、ヤツマタのレパートリーを数曲(夕日、キノコの叫び、イランの伝統声楽、ゴーヤの花、スリランカでこけた)を披露。

帰りもほぼキッチリ1時間半かかったので疲れた。。。。。

---------------------
★音楽映画「フランキー・ワイルドの素晴らしき世界」
http://www.frankie-wilde.com/

邦楽のタイトルが見る気を失わせるが、ちょっと観てみたい


★南インドの口リズム
http://www.youtube.com/watch?v=uGTuaj4YLuU&mode=related&search=

この余裕な態度で、凄い技術

|

« 肩グラマー | Main | 今年最後のイベントで、来年初めての演奏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 肩グラマー | Main | 今年最後のイベントで、来年初めての演奏 »