« 心が藍色 | Main | アート公演報告/おっぱい/勉強会 »

歌いながら体を治す

070216_21500001
070214_22450002
070217_20310003
2日目終了。
ご来場いただいたお客様、誠に有難うございます。

明日最終日。結構人が多くなりそう。
出演者もリラックスし始め、イイ感じで終われそう。

毎回、出だしに歌を歌ってるのですが、明日はブラジルのインディオの歌でも歌ってみようかな。

--------------------
件名の言葉は、
上記公演の関連企画で行われた、ワークショップの講師「長谷川智」先生の言葉。

ワークショップでは、全身をリラックスさせ、聴覚・視覚など、細かい体の器官を、人体工学に基づいた体操によって、機能をアップさせたり、人体工学的に効率の良い、より楽な動かし方を教えて頂いたりしたり、これはこれでとても役立ちそうな事ばかりでした。

が、ワークショップ中では、歌のことに関してはほとんど言及は無く、
この言葉は、たまたま帰りの電車が一緒だったので、伺ったお話の中で聞いたのでした。

体を動かしながら、体の気(調子)を整える太極拳のように、東洋医学的なノウハウを、歌でも応用出来ないものかと考えていたので、大きなヒントになりそうです。

これは、操体法と、ヨガ/気功の呼吸法からヒントを得た方法だそうで、つまり、自分の体が気持ちよく感じるところに声を当てる、のだそうです。

長谷川先生は音大でも教えていらっしゃるので、具体的なノウハウはもっと沢山ありそうなので、色々と学べたらいいなあ

また、長谷川先生ご自身が、ホーメイの発声にご興味がある事や、音楽関係の知り合いが長谷川先生と師弟関係にあることなど、色々とご縁を感じます。

--------------------
■この椅子欲しい
http://my.break.com/media/view.aspx?ContentID=218604

|

« 心が藍色 | Main | アート公演報告/おっぱい/勉強会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 心が藍色 | Main | アート公演報告/おっぱい/勉強会 »