« VOIZ駄々Zassa能登震災 | Main | チャクルパ!!/音響詩の魅力 »

明日倍音Sライブ

今日、明日ライブのリハやりますた

倍音Sの元メンバー集結+おーちゃんで、リハ@リーダー尾引邸

懐かしい場所。懐かしいメンバー。懐かしい曲。

各メンバーがそれぞれの道に行って、それぞれがそれなりの成果を残しているので、すげーことになりそうかと思ったら、意外と普通でした(笑

でも、それぞれのメンバーのソロが楽しみ。

私は、最近やってる、ペルシャ古典声楽、ブルーズ、ヤツマターズ、ノイズ辺りをソロでやろうかと。
あ、ヤツマターズの曲では、須藤さんが急遽参加してくれる事になりますた。

という訳で、明日の「倍音S」ライブ

■4月6日(金)吉祥寺MANDA-LA2「脳みそがアフロ“進化し続ける倍音フリークス編”
」   
※倍音S4thアルバム「倍音mu」の発売を記念して、元倍音Sのメンバーが全員吉祥
寺MANDA-LA2に集結します!懐かしの?名曲から、それぞれのメンバーのソロまで内
容は盛り沢山!必見です!
TIME: OPEN 18:30 START 19:30
FEE : ¥2,500+ドリンク
PLACE: 武蔵野市吉祥寺南町2-8-6中央マンションB1
http://www.mandala.gr.jp/man2.html
TEL 042-242-1579  
ACCESS: JR中央線、京王井の頭線吉祥寺駅南口または東口下車。末広通り入る駐輪場少し先左
手・徒歩約3分 
出演:尾引浩志(倍音S)
ゲスト: 岡山守治、青山雅明、徳久ウィリアム幸太郎、Ayaya 、小澤了

------------------------
リハの後は、外大映研のメンバー、時期部長haruさんと、「悲鳴」はガンディー君と飲み。

久々に、リハやライブの後の飲みはしょっちゅうだけど、飲みのための飲みは久しぶりで、何かリフレッシュ。

------------------------

3/31 ウィリアム&西蔵デュオ at 千石空坊 ライブ報告

出させて頂いたイベント主催者のM川さま、ご来場いただいたお客様、有難う御座いました!

フレームドラマー西蔵さんは、ホーメイの練習もしていて、いきなり、カルグラが出来たツワモノ。
で、カルグラの重なりが好きな私にとっては、カルグラデュオが出来る久々のチャンス、という事で、お誘いしますた。

曲順を決めずにユルイ感じでやりましたが、結構楽しく出来ました。

曲順はこんな感じ。
1.ペルシャ古典声楽"Nasirhani" with ボーラン
2.オッペイホーメイ with ドゥンベック
3.モンゴルの伝統的的な横笛「リンビ」の音真似即興ソロ
4.雲南口琴デュオ即興(ウィリアム3片+西蔵5片)
5.Amazing Grace ウィリアムソロ マヘリア・ジャクソン バージョンで
6.john the revelator ウィリアムソロ sonhouseバージョン
7.西蔵riqソロ 
8.チベット仏教の「四無量心」をチベット声明風にデュオ
9.西蔵ボウランソロ
10.インドの口リズム「ボル」デュオ
11.ホーミー「ハンガイの美しい鹿」ソロ

------------------------
■両国にあるビール専門店「ポパイ」でやるイベント<Saturday Evening Beer Live>

「マイルド」が気になる~
それはともかくも、ここは本当に珍しいビールが目白押しです。


「サタデイ イブニング ビア ライブ」は毎月1回、土曜日15:30~16:30 両国 麦酒倶楽部ポパイで行われている、すべてのビールファンのための日本で唯一無二の定期ビールトークライブです。
主催 麦酒倶楽部ポパイ、Beer Line Today
MC 藤浦一理(Beer Line Today ビアエバンジェリスト、ライター)
料金 ¥1,500(1ドリンク付き)

4月14日
ビアスタイリストXVIII
マイルド
本格的な物は日本で商業醸造された事がほぼ無く、おそらく輸入された事もほぼ無く、飲んだ事のある人もほとんどいない、英国でも絶滅が危惧され、CAMRAが保護運動を展開する、あの、何でも造るアメリカのマイクロでさえめったに見ない、世界一わかりにくいスタイル「マイルド」。
今回はこの難解なマイルドの特徴、歴史、製法を解説します。

サタデイ イブニング ビア ライブに関する電話、ファックスによるお問い合わせ
参加申し込みは、麦酒倶楽部ポパイへ電話で。
メールでのお問い合わせは藤浦 fujiura@beerlinetoday.netまで。


■福笑

旨いものが大好きな、たまにお仕事をさせていただいてる会社の社長さんのオススメのお店。
うまそー!

http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13003183/

|

« VOIZ駄々Zassa能登震災 | Main | チャクルパ!!/音響詩の魅力 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« VOIZ駄々Zassa能登震災 | Main | チャクルパ!!/音響詩の魅力 »