« 連日イベント観劇/二郎三田本店/顔ドラマー | Main | 明日『能イズ』!/ダムタイプ/中ムラサトコ »

うたの住む家/目隠し耳隠し即興/ドラマ「風林火山」の信長役

「うたの住む家」打ち合わせ&公演に向けてのWS

Nebukuro
(写真は、2月に行なわれたプレ公演の模様)

5/4,5の本番に向けてのワークショップが始まりました。

先日、主催の即興からめーる団の2人と打ち合わせをしたのですが、
それに関連したことが、ableart運営委員の野村誠さんの日記にかかれてます。
(「うたの住む家」は、即興からめーる団が、ableartから助成金を受けているプロジェクトで、
ableartは、障害者と新しい表現を作る事を主旨としている団体です。)

野村誠日記
http://d.hatena.ne.jp/makotonomura/20080403

大友良英さんがコメントを書いていますが、大友さんが関わったプロジェクトの陰の努力の一端が書かれていて、そういった小さいけど、当たり前のことが積み重なっていて、あの作品が生まれたんだなと、とても刺激を受けます。

我々も今、障害者をメインに、参加者一人一人に焦点をあてつつ、且つ総体として面白いモノを見せるべく、最後の仕上げにかかってます。
多分、今まで見たことが無いような奇想天外な作品が出来そうです。お楽しみに!

「うたの住む家」ブログ
http://www.voiceblog.jp/utanoie/

土曜日には、同じableartから支援を受けているプロジェクト「みっつのうた」のプレ公演を観にいきました。
彼等は、「家族、仕事、セクシュアリティー 」に焦点を置いた表現を模索しています。
全体的にはみんなで作る楽しげな感じなのだけど(本当はもっとキッチリした形でやりたかったそうですが、そうすると、急に障害者の動きが悪くなってしまったそうで、急遽、こういう形に変更したとか)、時にはドキッとさせられる表現があったり。
そのギャップが面白いですね。

「みっつのうた」ブログ
http://mittunouta.exblog.jp/
本公演は5/11にあるそうです。

---------------
目隠し耳隠し即興

「flyline」というデュオユニットでは、それぞれが、目隠しをした上で、更に、演奏とは関係の無い大音量の音をi-podで聞く、という状態で即興デュオ演奏をしているそうな。

Flyline

flylineの渓さんのサイト
http://couplabel.com/ett/profile.html

見た人は結構刺激を受けているみたい。
http://blogs.yahoo.co.jp/takuhatsu/archive/2008/04/05
http://d.hatena.ne.jp/daysuke/20080213
http://d.hatena.ne.jp/daysuke/20080315

全くの暗闇での演奏は体験した事がありますが、
演奏者自身が、相手の音はおろか、自分の音も認識できない状況って凄いなあ

ジョン・ケージが知ったら喜びそう。

というか、自分でもやってみたい。
あ。5月のウィリ山でやってみようかな。

flylineの片方である「渓」さんとは先日紹介頂いたので、そのことについて少し聞いたのですが、

当初は、背中合わせで、つまり互いの演奏が見えない状態でやっていたのだそう。
それでも終わりがピタッと合ってしまうので、ちゃんと目隠しでやってみても、
やはりピタッと終わってしまう。だから、i-podを使って耳も機能しない状態でやったんだそうですが、
それでも終わりは合ってしまうそうな。

恐るべし人々。能みたい。

---------------
知り合いの竹本直美さんの短編映画を見た

若手の女性監督ばかり集めた「桃まつりpresents真夜中の宴」というイベントで。
http://www.momomatsuri.com/

「きつね大回転」という映画と、それに使われていた、竹田和也君の音楽が良かった。
http://blog.livedoor.jp/tatakedada/

色んなスタイルの、色んなレベルの作品を見るのは非常に勉強になりますね。
完成品ばかり見てると、成長することを忘れてしまいがちになるからね。

---------------
能イズ

Sakuma


今回出演する、現役の能楽師「佐久間二郎」さん。

Gacktが出演して話題の「風林火山」で、何と信長役として出演したそうです

佐久間さんブログ
http://hanamiti.at.webry.info/200709/article_5.html
http://hanamiti.at.webry.info/200711/article_6.html

といっても、信長が能を舞うシーンで、影だけが映る、という演出だったそうですが。
youtubeで探したけど、残念ながらそのシーンだけは見つからず・・・

という訳で、4/11の「能イズ」、まだ人数に余裕があるので、
興味のある方はお早めに~

 ●4/11「ウィリ山ウンテン vol.29 能イズ」@高円寺「円盤」

   #1回目:19時開場 19時半開演
   #2回目:21時開演

   各回完全入れ替え制。要予約。

    場所:円盤(JR高円寺駅下車 徒歩1~2分)
       http://www.enban.org/map.html
    料金:2000円(1ドリンク込み)
    出演:佐久間二郎(観世流能楽師)、今井尋也(能楽小鼓)、
       徳久ウィリアム
    予約・問い合わせ先:k-toku@nifty.com(ウィリアム)

   なお、会場は禁煙です。
   また、今回は演目の都合上、椅子席は用意しません。
   どうしても必要な方は事前にご連絡ください。

|

« 連日イベント観劇/二郎三田本店/顔ドラマー | Main | 明日『能イズ』!/ダムタイプ/中ムラサトコ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 連日イベント観劇/二郎三田本店/顔ドラマー | Main | 明日『能イズ』!/ダムタイプ/中ムラサトコ »