« 風邪死亡、鍼で復活、明日5連チャン、トゥバツアー | Main | 明日ワークショップ&発表 »

横尾忠則展で波乱少し

世田谷美術館のスタッフの方からのメールを転載します。

詳しくは下記を読んでもらえれば分かりますが、問題となった絵は、中止にさせるほどのモノでは無いと思う。
こういう時は議論が良いと思うけど、日本人は議論の練習をしてないからなかなか難しいよなあ

-----------------

さて、先月より当館では「冒険王・横尾忠則展」を開催しています。
実はここのところ波乱が生じております。

世田谷区の教育委員会が、区内小学校22校の展覧会見学を
「教育上不適切」といった理由で一斉にキャンセルさせる、という出来事があり、
区側は内密にしたかったようですが、昨日、東京新聞の夕刊で
報じられました。↓

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008051602011818.html

記事を読むと、「教員が騒いだために教委も中止せざるを得なかった」とも
読めますが、実際には教員の間にはさまざまな意見があり(私はそれら
様々な意見を直接受け止めた人間です)、個々の学校が判断するのが
スジであるところを、教委が「一斉中止」にしたというのが実態です。

この件については横尾忠則氏も怒りを露わにしており、
自身のブログで抗議しています。
横尾氏は区側との直接対話を望んでいます。
http://www.tadanoriyokoo.com/vision/index.htm


このことをみなさんにお知らせしたのは、まずは
「こんなことが起こっている」ということ自体を知っていただきたいのと、
今後の展開をともに見守っていただきたい、との思いからです。

芸術と教育活動の現場に身を置く者として、
多様な意見を問答無用で封じる今回の出来事については、
憤りを禁じえません。
「よくあることじゃないか」、「ここは一つ穏便に」という意見も
耳に入ってきますが、
私自身はできる範囲で行動を起こし続けるつもりです。

可能ならば、みなさんのご友人にもこの件をお知らせいただき、
広く情報と議論を共有できればと願っております。
(転送歓迎です。)
さらに可能であれば、ぜひ展覧会そのものをご覧になってください。
6月15日(日)まで開催しております。

世田谷美術館HP
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/

|

« 風邪死亡、鍼で復活、明日5連チャン、トゥバツアー | Main | 明日ワークショップ&発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 風邪死亡、鍼で復活、明日5連チャン、トゥバツアー | Main | 明日ワークショップ&発表 »