« 今日の屏風 | Main | suarasana/明日ライブ »

最近の即興観/明日SuaraSana主催ライブ

最近、即興演奏で心がけていること。

ついつい手癖で始めてしまったり/続けてしまったり、

人の音を聞き過ぎてしまう癖があったので、

最近は、始める時に呼吸や姿勢を整えて、
それから始める事にしてます。

たとえ始めるまでに3分間ぐらい時間がかかったとしても。

そうしたら、手癖でとりあえず始める事が無くなったし、
より確信をもって始める事が出来るので、
途中でパニクる事がほぼ無くなりました。

そして、やっている間は相手の音を聞き過ぎない。
「何となく聞いてる」程度。

これは「Flyline」やチューバ奏者「高岡大祐」さんの影響。

渓さんと臼井さんによるギターデュオ「Flyline」は、未見だけど、
話によるとお互いの演奏を完全に見えない/聞けない状態にして即興演奏をするのだそうで、

にも関わらず、終わりが完全に合う、らしい。

話を聞くと曲芸的だけど、

信頼できる知り合いのミュージシャンが、Flylineのライブを見て、
「音の抜けが異常に良かったり」する事など、音楽的な要素に衝撃を受けています。

そういった音楽的な要素も大変興味深いですが、
個人的には「終わりが完全に合う」事に惹かれます。

彼らは、皮膚感覚、いや、総合的な感覚で感じながら演奏してるのでしょう。

これは能の「乱拍子」を連想させます。

1分か2分に一度しか打たない、間がやたらと長い鼓のリズムと、踊り手の一歩の歩みを完全にユニゾンさせる「乱拍子」は、
それを行なうために、目と耳に頼らない練習方法を段階を踏んで行い、満を持して本番に望むそうです。

五感をフル動員して即興演奏に望むことは、
自分が音を出す時の迷いを減らし、
かつ相手の感覚もより感じ取れるのかもしれません。

その第一歩としての見すぎず、聞き過ぎない。は、とりあえず上手くいってるように感じますが、

ちょっと違う事をやろうとすると途端に上手くいかない。
即興演奏は難しいですね。

--------------------

明日のライブ

最近私が参加したSuaraSanaの主催ライブです

自分の存在意義が感じられことは当たり前として、

難易度が高いけど曲がいいバンドは、挑戦しがいがあるので大好き。
(SuaraSanaの場合は特にリズム!)

対バンは、

あまりライブをやらないという「ASAーCHANG&巡礼」や、

円盤ジャンボリーで、奇妙にも思われる組み合わせをやるハメになるも、結果としてハズレ無しという驚異のドラマー「久下恵生」さんのソロ。

是非遊びに来てね。

○7/20「SuaraSana」@吉祥寺「StarPinesCafe」

  #18:30open 19:00start
    場所:吉祥寺STARPINE`SCAFE(吉祥寺駅下車 徒歩5分)
       TEL:0422-23-2251
       http://www.mandala.gr.jp/spc/info.html#map
    料金:前売り¥3,000 当日¥3,500
    出演:suarasana、ASAーCHANG&巡礼、久下恵生
    フード:ィスパイスボーイズ
    ショップ:スワラジ工房


--------------------
JazzArtせんがわ、2日目終了。

懸念された集客も、音楽のライブは当日の客が多い、という定説通り、
当日客がやたらと多く、ほぼ満員。

こういう地元密着で、出演者もDomesticなイベントは是非継続していって欲しい。

関連企画のJazzArt屏風も非常に楽しい。

大変狭い空間ゆえに、至近距離で3分程度の演奏が聞けるこの企画。
これはミュージシャンと同じステージの上で聞いているのと非常に近い、滅多に無い機会。

私は自分のライブで参加できませんが、明日も京王線は仙川駅前の東京三菱UFJ銀行や、「せんがわ劇場」内で行なわれますよ。

http://www.sengawa-gekijo.jp/kouen/02165.html

DJ永田in the byobu
Nagata

坂田明のトランペットが目の前で吼える!
Sakata

「JazzArtせんがわ」プロデューサーの巻上さんも
Makigami

山本達久+立岩潤三という滅多に無いセッションも
Tatsutate

雨の日仕様
Rainbox

|

« 今日の屏風 | Main | suarasana/明日ライブ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今日の屏風 | Main | suarasana/明日ライブ »