« ○3/19 東洋、モーテン、ウィリアム即興トリオライブ@Loop-line | Main | ホッピー仙人/ヴァン・モリソン/知人が入院 »

花粉症?/次ライブ/新しいマイクの持ち方/ライブ報告

SuaraSanaのレコーディングの日、突然クシャミが止まらなくなった。

すわ!これが花粉症か!
突然発症するとは聞いていたが、本当に突然だな、畜生!

などと一日クシャミをし続け、
レコーディングの打ち上げ(楽器隊の録音は全て終了!あとはボーカルを録音するのみ。)で、
酒を飲み始めたらピタリと収まった。

久々に朝まで浴びるように呑んで翌日は一日死んでいたが、
それ以降もクシャミはほとんどしていない。

何だったんだろう?
寒冷アレルギー?

---------------

次のライブは3/19
○3/19「モーテン、松原東洋、ウィリアムトリオ」@千駄ヶ谷Loop-Line

詳細はこちら
http://william.air-nifty.com/blog/2009/03/319loop-line-85.html

前回のライブはこんな感じでした。

http://www.youtube.com/watch?v=v2EuUtN8VzI

---------------

このマイクの持ち方は新しい

http://www.youtube.com/watch?v=9c-oSj5_Scw

---------------

ライブ報告

○3/8 Moveボーカルアンサンブル演奏会@オペラシティ・リサイタルホール

追加席も出て、満員御礼!

紹介してくれた足立智美さん、作曲家の森田さん、Moveのお2人(松平敬さん、太田真紀さん)、その他関係者の皆様有難う御座いました!

久し振りのクラシック系ホールでのライブでしたが、
響きが凄いですね。

そして、リハの時にはそれほど気にならなかった、声量の差が本番でハッキリ出てしまいました。
どういう事かというと、松平さん、太田さんの、いわゆる声楽系の声は、ああいうホールで良く響く声なんですね。
それに対して私はそうでは無い。

マイクとスピーカーも用意しましたが、後で録音を聞き返すと、全然聞こえてなかった部分も何箇所か。
知り合いのミュージシャンにも指摘されました。
これはこれで良い経験。


私が参加した「でんでらどらごん」以外の曲は、どれもいかにも現代音楽風でしたが、
その中でも色々なバリエーションがあって、思った以上に楽しめました。

最後のシュトックハウゼンの大曲は圧巻。
40分を暗譜で、堂々と、動きも交えながら(譜面にそういう指示があるそうです)の演奏は凄かった。
再演するならまた見たいと思わせられました。

シュトックハウゼンの曲の詳しい解説は、松平さんのブログで見る事が出来ます。
http://tierkreis.web.infoseek.co.jp/koekoe/archives/2009/03/karlheinz_stock_1.html

打ち上げも楽しかったなあ


[1]北爪やよひ/おとのはうたII (2008/初演)
太田真紀(ソプラノ) 松平敬(バリトン) 堂山敦史(ホルン)

[2]森田泰之進/でんでらどらごん (2008/初演)
太田真紀(ソプラノ) 松平敬(バリトン) 徳久ウィリアム(リズムヴォーカル)

[3]坪能克裕/デュオ オペラ No.3 "I’m a ..." (2008/初演)
太田真紀(ソプラノ) 松平敬(バリトン) 神田佳子(打楽器) 三浦克也(演出)

[4]ロクリアン正岡/南無阿弥陀仏 (2008/初演)
大貫浩史(テノール) 安田謙一郎(チェロ)

[5]K.シュトックハウゼン/AM HIMMEL WANDRE ICH ~
二人の声のためのアメリカン・インディアンの歌 (1972/日本初演)
太田真紀(ソプラノ) 松平敬(バリトン)

|

« ○3/19 東洋、モーテン、ウィリアム即興トリオライブ@Loop-line | Main | ホッピー仙人/ヴァン・モリソン/知人が入院 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ○3/19 東洋、モーテン、ウィリアム即興トリオライブ@Loop-line | Main | ホッピー仙人/ヴァン・モリソン/知人が入院 »