« 我が名はイズラフェル | Main | 蒸留酒のような日本酒 »

ピクニークorDIE

クソ暑くなる前にピクニークがしたいねえ、という事で、

明日、晴れていれば
昼:多摩川でピクニーク
夜:カラオケ
をする予定です。

興味のある人は連絡くださいな

-----------------

William&NGのmyspace作りました
http://www.myspace.com/williamandng

先日の音源をアップしたので聞いてみてね

-----------------

次のライブは5/18

舞踏家「サダモリヒロコ」企画イベント。
前回と同じメンバーに加え、今回は若手実力派ドラマー
「弘中聡」(GeGeGeGeQuartet、etc)が参加します。

1部は前回のメンバーによる即興と曲。
曲は、
フィリップグラスの超ハードコアなミニマル曲「music in fiths」、
山田民族さんによる、このメンバーのための曲、
曲の真ん中から小節が前後に1つずつ増えていく「WhatAWonderfulWorld」

2部は聡ソロ
3部は全員で即興。

聡とは凄く久し振りの共演なので凄く楽しみ。

会場は、つい最近池袋から西早稲田に移転した、ジプシージャズ専門のBlueDrag。

○5/18 即興と舞踏@早稲田BlueDrag
    #open 1900 live start 2000
     場所:早稲田BLUE DRAG
        (高田馬場駅下車徒歩7分)
      http://www.geocities.jp/bluedrag_jp/
      TEL:03-6457-6933
     料金:1500(+1ドリンク500)
     出演:大澤史郎(ヴァイオリン)
        松尾嘉子(ヴァイオリン)
         徳久ウィリアム(ボイス)
        山田民族(ギター)
        弘中聡(ドラム)
        サダモリヒロコ(ボイス、踊り)

-----------------

単純なアイディアだけど笑える動画
(エロい動画なので注意)

The Brighton Port Authority - Toe Jam
http://www.youtube.com/watch?v=9iCFSY_8s6E

Fatboy Slim の別プロジェクトで、SummerSonicでも流れてたみたいなので知ってる人も多そうですね。

個人的には80年代アメリカンポルノチックな服装がそそられます。

-----------------

ライブ報告

○5/9 William&NG@下北沢offBEAT

実験系ブルーズロックユニット「William&NG」1年半ぶりぐらいのライブ。

いそうでいない野村さんの演奏がハートにジャストでドッキューんだったらしく、
若いNGが暴走気味でしたが、ちゃんと戻ってこれたのが良かったです。

でも野村さんの演奏は、いわゆる湿っぽくて、それが故に私はとても苦手なフォークでは無く、
ドライさがとても気持ちよくて確かにイイ感じ。
少し先に3人だけで何かやりたいという話になりました。

ちなみにWilliam&NGの次のライブは6月中旬に吉祥寺で返事待ちです。


○5/10 演劇の音楽を担当@池袋 LIVE INN ROSA

エレクトーン奏者のまめ妓に誘われたゴス系イベント「Theatic+Alamode 05」。
ゴスからサイバーからセクシー系まで、色んなコスプレイヤーが沢山。
イカレててキュートな女の子も結構いました。

黒上下のスーツだけのオレはかなり浮いていたような・・・

DJはブレイクコアというのでしょうか?
延々と4つ打ちが続くとどうしても飽きてしまうんですが、
結構好きです。

演劇系は耽美な感じというのでしょうか?
モードが似ているので、続くとどうしても飽きてしまうんですが、
思ったよりもバリエーションがあって楽しめました

バンド系は打ち込み系が二組、デスメタルが一組。
共通点はゴスっぽいというだけで、続くとどうしても飽きてしまうことはなく、
しかし、あまり興味の無い感じでした。

私が参加したMontSuchtは、全員揃って通したのが本番という綱渡りで
始まる前は少しヒヤヒヤしましたが、
ミュージシャンでダンサーで役者という芸達者なパフォーマーが多く、
始まってしまえば結構安心して、私自身も楽しめました。

次は公開SMショーと共演したいな(本気

-----------------

|

« 我が名はイズラフェル | Main | 蒸留酒のような日本酒 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 我が名はイズラフェル | Main | 蒸留酒のような日本酒 »