« 2009年7月18日 レクチャーコンサート用資料 | Main | 急告 今日のWS会場変更 »

一生かけて駄作の海に沈没してやる

民族音楽の恩師「江波戸昭」先生のご自宅で小火がおきたようで、
ご本人をはじめご家族の方に特に大きな怪我は無かったのは不幸中の幸いですが、
貴重な資料が色々と燃えてしまったようです・・・・

明日にでもお手伝い&お見舞いに行こうと思います。

落ち込んで無ければいいんですが・・・

---------------

今週末はAPBankとレクチャーコンサートとボイスWSと3連チャン

○7/17 SuaraSana at APバンク前夜祭@つま恋特設ステージ

ミスチルの桜井、プロデューサーの小林タケシ、坂本龍一などが関わっているAPBankのお祭りイベントにSuaraSanaとして出演します。SuaraSanaの出演時間は1330らしいです。

  #開場 : 13:00
    場所:つま恋
        (「掛川」駅下車 つま恋直行臨時バス(無料)20分)
       TEL:0180-99-5522
       http://www.apbank-ecoreso.jp/09/access/index.html
    料金:無料。ただし、ap bank fes'09のチケットをお持ちでない方は、
       つま恋入園料(大人1,000円、小人500円、幼児無料)が必要
    出演:SuaraSana他多数

○7/18 公開講座レクチャーコンサート@明治大学

ホーメイをはじめ、特殊なノドの使い方をする歌唱法を
「ノド歌」として紹介します。
ホーメイの本場「トゥバ」での音楽留学から一時帰国中の
日本人女性ホーメイ歌手「麻央」も出演します。
彼女の声は凄いですよ。

  #開場 : 13:30 公演14:00-16:30
     場所:明治大学駿河台校舎 大学会館8階(御茶ノ水駅徒歩3分)
        http://academy.meiji.jp/ccs/pdf/S0913.pdf
     料金:1000円
        ※事前予約が必要です。先着150名まで。
         03-3296-4423
     出演:徳久ウィリアム、麻央

○7/19 松原東洋主催「ダンサーのためのボイスワークショップ」@ 新高円寺「堀の内松ノ木会議室」

ダンサーのための~とありますが、誰でも参加OKですよ。

  #open 1300 start 1400-1700
    場所: 新高円寺「堀の内松ノ木会議室」(「新高円寺」駅から徒歩8分。)
     TEL:03-3317-6561
       http://tondekarashizuka.arrow.jp/MyPictures/pppp.gif
    料金: 参加費¥1200
    講師:徳久ウィリアム

---------------

北村公という写真家

都築響一の本で紹介されていた写真家「北村公」

検索でひっかかる写真はスカム臭がプンプンするが、それもそのはず。

都築の本でも紹介されていたエピソードにそそられた。

『有名カメラマンから、「君はたくさん撮っているようだが、たくさんの中傑作を一枚作る、そういう一点傑作主義を目指しなさい」という、しごくまっとうな助言を受けた。そこで納得と思いきや、「そういう傑作を目指すのは、評価を得ることによって、それで写真を売っていかなきゃならないプロの貧しい発想。自分は評価を得る必要も、発表する必要すらないんだから、一生かけて駄作の海に沈没してやる!」とこころに誓ったという。』

駄作の海に沈没。その覚悟が素晴らしい。

俺は誰に何と言われようと(もう既に言われてるけど)ボイスの拡張に一生を捧げたい。
そして心の片隅でザマアミロと言ってやりたい。

---------------

ワークショップ報告

○7/12 第4回 『呼吸を楽にするためのストレッチ』 @蕨「タタミスタジオ」

声の連続WS最終回。
講師はプロのアスレチックトレーナーの浅井隆之さん。

身体調律工房 http://ptf.typepad.jp/

私が始めて浅井さんのワークを体験した、声楽家の「さかいれいしう」さんの時の企画を受けた時も感心しましたが、
今度は一度内容を知ってる分、より深く理解が出来て、その奥の深さに感動しました。

アスレチックトレーナーというある意味保守的な世界なのに、
自分が良いと思うものは、中国拳法や中国雑技団まで、何でも取り入れる柔軟な姿勢、

幅広く色んなトレーニングを(当然ながら)知っていながら、
自分が本当に必要だと思うメソッドを組み立てていくその独自性、

そしてプロのアスレチックトレーナーの専門学校の教員をやっているほどの、
体に対する正しく科学的な知識。

「呼吸を楽に~」というタイトルが付いているものの、
職業・年齢・性を問わず、全ての人にお勧めできる、
簡単ながらも奥が深い、本当に素晴らしいワークです。

私は首の根っこ、肩、肩甲骨の真ん中あたりが頻繁にコルんですが、
その原因と対処法が分かってホッとしました。

|

« 2009年7月18日 レクチャーコンサート用資料 | Main | 急告 今日のWS会場変更 »

Comments

ひさしぶり!
なんか、このエントリー濃すぎて、、、
江波戸先生の状況またご報告してほしい

豚山こと北村公さんの文庫本サイズの写真集を都築さんが出したのですが、これはそんじょそこらのエロ本よりお世話になりました
やばかった 都築さんから人となりなども聞きましたが、面白いが長くなるのでまた

僕はちょっと氣のワークショップ行ってから身体の色んなものの通りが良くなった感じです
ただ、どうしても左肩が何かのときにだるくなると思っていたら、整体の先生にちょっとだけだが、左足が開いて前に出てるからだと
まさに左前ってやつで心臓に負担がかかっているからそのままにしておくと早死にするって
口の悪い先生におどされた
ほんの数ミリ左足を内に向けるだけで楽になった
気付かない癖が身体の違うところに反応出るから人体って深い

Posted by: 倭月(wacky) | 2009.07.15 at 02:44 PM

おお!ブログへのコメントは滅多に無いので嬉しいな!

江波戸先生宅は思ったよりも惨憺たる状態でした・・・
ただ、先生が思ったよりも落ち込んでなかったのが救いですが。

北村公さんのことは都築さんの本で知ったんですよー
エロ本より世話になった・・・(笑
買ってみようかな(笑

体ってのは微妙なことで大きく変わるもんですね。

Posted by: ウィリアム | 2009.07.21 at 11:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2009年7月18日 レクチャーコンサート用資料 | Main | 急告 今日のWS会場変更 »