« 雑誌L-eを読んで&ナカザワヒデキ展オープニングイベント | Main | 私的韓氏意拳稽古参加メモ »

腹式呼吸の簡単で理に適った訓練法 小冊子『気管支ぜん息に打ち勝つ音楽療法 ぜんそく音楽 -腹式呼吸 を身につけよう-』 を読んで

腹式呼吸の簡単で理に適った訓練法 小冊子『気管支ぜん息に打ち勝つ音楽療法 ぜんそく音楽 -腹式呼吸

を身につけよう-』 を読んで

・独立行政法人 環境再生保全機構が発行している小冊子
  以下のURLで申請可能。なんと無料で(!)送付してくれる
  http://www.erca.go.jp/yobou/archives/1032
・著者は日本音楽療法研究連合 代表の福田義子

・はじめに 読後の感想
  巷には腹式呼吸という言葉が一人歩きしている。大抵の場合、イメージだけで、実際の身体の解剖学的な構造や、実際のハタラキについての正しい知識が伴っていないからだ。

・なので、ワタシは腹式呼吸という言葉にとても警戒しているし、この小冊子を読むときも注意していた。

・また、音楽療法という言葉にも警戒しているので(この理由についてはここでは割愛)、尚更警戒心を持ちながらも読んだ。

・が、この冊子は実に勉強になった。

・タイトルの通り、本冊子の内容は、

a.ぜん息患者の発作時の呼吸を楽にするための腹式呼吸のワークと、
b.胸式呼吸、腹式呼吸のそれぞれのメカニズム、
c.腹式呼吸のメリット、胸式呼吸のデメリット

について書かれている。

・たとえぜん息患者でなくても、人間の呼吸のメカニズムの非常に平易に分かりやすい図付きで説明されているため、呼吸運動の概略を知るために、

・そして、子どもにも出来る(実際、子どものぜん息患者を持つ親や関係者に向けて書かれている)簡単なワークが複数挙げられているので、腹式呼吸のメソッドを知るためにも非常に参考になる。

・正直、ここまで簡単な腹式呼吸のメソッドは初めて知った。

・早速ぜん息持ちの子を持つ親類や友人に教えてあげるつもりだ。

・送料が独立行政法人の負担なので、ぜん息持ちでないヒトはワタシに連絡頂ければスキャンしたものを送
りますよ。


以下、自分のためのメモ

■3つの原則
1.呼気(吐く息)から始める
2.腹筋を使うまで吐ききる
3.吐ききった後、腹筋を緩めると、自然にお腹に息が入るのを確認する

→ 自分でもやってみると分かるが、確かに自然に横隔膜が動くのが分かる。


■腹式呼吸ワーク
・以下、全てのワークは、上記の「3つの原則」に則って行うコトが大事

○歌唱系 2つ

a.のばし歌
・フレーズの最後をひたすら伸ばす
b.一息歌
・通常息継ぎを入れる箇所に入れずに、息の続く限り一息で歌い続ける


○管楽器系 2つ

a.ピッチパイプ
b.リコーダー


○詩や文章系 2つ

a.のばし朗読
b.一息朗読


○ゲーム系 

a.ぜん息遊戯
ex)「ブンブンブン、蜂が飛ぶの」ブンブンブンブンの最後をひたすら伸ばすために、飛ぶ様子を入れる。息が切れたら止まるポーズ。

b.ぜん息モーターショウ

c.ぜん息動物園

d.ぜん息山彦

■腹式呼吸が上達してない時の発作時の腹式呼吸
○ピッチパイプ
○かけ声
・自分が励まされる、奮い立つ言葉を用意しておき、言う
○歌唱
・声が出なくても心の中で歌い、呼吸のみを行うのでも良い

■ぜん息児に対する呼吸訓練の必要性

○ぜん息発作と胸式呼吸

・われわれは普段胸式で呼吸している
 → 自然呼吸は横隔膜呼吸だと聞いたことがあるが?同時に使っている、というコトだろうか。

・吸う時に肋骨回りの呼吸筋を収縮(緊張)させ、
 吐く時は弛緩させる。
 → 吐くはリラックス(副交感)、吸うは緊張(交感)という、自律神経と呼吸の関連の理由が分かった

・ぜん息の発作(気道狭窄)が起きると、首・胸・肩・腕などの呼吸補助筋が働く。そのため、患者は全身を使うようなポーズを取る。しかし、胸式の呼気は、重力と筋肉の弾力に依存しているため、呼気が困難になり、肺の過膨張により、息を吸うコトが出来ず、呼吸困難がより助長されてしまう。


○腹式呼吸の必要性

・腹式呼吸は、呼気・吸気共に筋肉が収縮(吸気時には横隔膜、呼気時には腹壁の筋肉)するため、強力かつ随意的な呼吸運動となる。

・そのため、多少の気道抵抗があっても、それに打ち勝って十分な呼吸ができ、呼吸困難の軽減にも役立つ。

→ 随意、不随意という身体のコントロールから見た場合、腹式(横隔膜)を使う呼吸が、歌や詩、朗読などの声を使う表現活動、非常にランダムな呼吸を必要とする、に向いている理由がこれで分かった。ただし、だからといって胸式が不必要なワケでは全く無い。比較的ロングトーンな表現は胸式の方が向いている。要はそれぞれの呼吸の特性を知った上で、どう組合せるかの問題だろう。


○反復練習と呼吸訓練法開発の必要性

・意識的な腹式呼吸は訓練が必要

|

« 雑誌L-eを読んで&ナカザワヒデキ展オープニングイベント | Main | 私的韓氏意拳稽古参加メモ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 雑誌L-eを読んで&ナカザワヒデキ展オープニングイベント | Main | 私的韓氏意拳稽古参加メモ »