« 超絶ホーメイ歌手動画を幾つか紹介 | Main | イタリアの特殊発声 »

超低音男

昨日、友人のユニット「メヲコラソン」の年に一度のホール・コンサートに行きました。


ブラジル音楽を基本とし、しっかりとした技術を持ちつつも、

必要あらばそのジャンルから飛び出て、

冒険するコトを厭わない彼等ならではの、

これでもか!というお得感満載、盛り沢山の内容でした。

また、年に一度というコトもあり、祝祭感に溢れていて実に良かったです。

 メヲコラソン公式サイト
 http://www.meobossa.com/top.html


で、彼等はこのホール・コンサートに毎回ゲストを呼んでいるのですが

(私は一昨年に呼んで頂きました)、

今年は「オクタビスト」石塚勇さんがゲスト。

メヲコラソン&オクタビスト
Photo

「オクタビスト」という肩書きは初めて聞きましたが、

「バス」の更に「オクターブ下」を出せる歌い手に付いた肩書きだそうです。


簡単に言えば「超低音」歌手。

知識やYoutubeなどでは知ってはいたものの、

生で聞くのは初めて。

で、あまりに低さに思わず笑ってしまいました。


どれ位低いのかは下記動画を


しかも、普段の喋り超えも低くかった!(笑)


ちなみにギネスの世界記録は8hzで(!)

「人間の可聴域を超えている」そうです(笑)

ちなみにオクタビストになるには、

先天的に声帯が長くないと難しいそうです。

(実際、上記のギネス男は「平均より二倍(!)長い」ようです)

しかし、「カルグラ」と呼ばれるホーメイのテクニックを使えば

かなり低い声を出すコトは可能です。


こんな低い歌唱法「カルグラ」にチャレンジしてみませんか(笑)?

出来るようになると、低い振動で、歌っている本人が一番気持ち良くなります(本当)


まだ定員に少し空きがありますがお早めに!


--------------------------------

●7/30 レクチャーライブ 『ホーメイ?ホーミー?倍音て何?』 ~トゥバのホーメイ、世界の倍音唱法

トゥバのホーメイについてと、世界にイロイロ存在する倍音唱法についての五感体感型レクチャー!

1.実演 2.やり方を解説、実際に参加者が声を出す 3.現地の凄い人の視聴覚資料紹介
という流れで、五感を使いながらホーメイと倍音唱法の不思議さ面白さを体感していきます。

トゥバのホーメイに関しては、
実際に現地に何度も行き、今年はコンテストで賞までもらったゲストに解説、演奏をお願いしてます。

そして会場は、カレー好きには有名なあのお店!
今回は料金にカレーが含まれます!


日時 7/30(火) 19:30~21:30
場所 カフェ・オーケストラ(JR「西荻窪」歩5分)
03-3333-3772
東京都杉並区西荻南2-20-5 恵荘 1F
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13098496/
料金 3000(1カレー付)
定員15名
講師 徳久ウィリアム(滞空時間、チャーリー・ウィリアムス、ex倍音S、etc)
ゲスト 鎌田英嗣(ホーメイ・イギル)
問合せ予約先:voizchoir@gmail.com

--------------------------------


それではまた何処かでお会いするのを楽しみにしております。

なお、私がやっているようなコトに興味を持ちそうな方がいましたら

是非ご紹介頂けると嬉しいです。

転送・転載、大歓迎

p。s。

声の多様性を味わうには下記のイベントもオススメです。


●7/31 「チャーリー・ウィリアムス」ライブ@ベルベットサン

チャーリー高橋が作編曲する変化自在な曲の数々を、徳久ウィリアムが変幻自在な声で歌い上げるオッサンDUO。

ちなみにチャーリー・ウィリアムスは上記共演曲以外は(ほぼ)全部新曲にチャレンジ!

#open 19:30 / start 20:00
  場所:荻窪velvet sun
     http://www.velvetsun.jp/about.html
  料金:2000円(1ドリンク付)
  出演:アガサ、小池一樹+石田多朗、チャーリー・ウィリアムス


-------------------------------

メルマガ:『徳久ウィリアム発行 <VOIZ>』
下記で登録可 PCメール版 http://william.boo.jp/mm3.html
携帯メール版 http://william.boo.jp/mmb.html

メルマガ読者にはライブディスカウントなどの特典あり

|

« 超絶ホーメイ歌手動画を幾つか紹介 | Main | イタリアの特殊発声 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 超絶ホーメイ歌手動画を幾つか紹介 | Main | イタリアの特殊発声 »