« 日本橋経済新聞三周年音楽祭 | Main | 超低音男 »

超絶ホーメイ歌手動画を幾つか紹介

ホーメイという、一般的な日本人からすると「一体どうやってんだコレ」という歌唱法がモンゴルの方にあります。


面白いのは、彼の地では、この歌唱法が

「一部の専門な訓練を積んだ人にしか到達出来ない」モノでは無く、

「民謡」として存在しているコトです。

彼の地の老若男女が「耳で覚えて自然に」歌っている。

勿論、上手下手はあるし、

凄く上手な人でコレを生業としている人もいますが。

何でこういう歌唱法が存在しているのか?

それを知りたくなるのがヒトの常だし、

色んな説(通信手段、家畜に聞かせて乳の出を良くさせる、etc)がありますが、

実はよく分かってないそうです。


「民謡」だから文献がほとんど残ってないんだって

でも、日本を含め、世界中のほとんどの民謡がそうだと思うけど、

その民謡がなんで誕生したのか、何となくそれらしい説を作るコトは出来ると思うけど、

きっと野に咲く植物と同じで、

「存在するのは知ってるけど、何故それが存在するのかを説明し尽くす」のは不可能な気がします

「生命の存在理由」みたいなもので、

ある程度解明されたら、次の大きな疑問が現れ、

そしてまた解明されたら次の問いが現れる。

あれこれ考えるのは結構楽しいし、

それがヒトの性だけど、

あれこれ考えすぎるよりも、

自然の中に身を置くような感じで、

たまには全身で体感するコトも大事なんだろうな


というわけで前置きが大分長くなったけど、

私が好きなホーメイ歌手を幾つか紹介



この二人は凄すぎて、畏怖の念さえ湧いてくる。

ちなみにこの二人は同じバンドに所属しているそうで。
凄いな


最後に女性のホーミー歌手の動画を

上記二人とは国が違うけどね。

そのスタイルの違いも味わい深い

所変われば品変わる


で、明日に、ホーメイをはじめ、

世界に存在する倍音唱法を紹介するイベントやります。


南アフリカのこんなのとか


まだ定員に空きが少しあるので、

興味あるヒトは早めにご連絡ください


■レクチャーライブ
『ホーメイ?ホーミー?倍音て何?』 ~トゥバのホーメイ、世界の倍音唱法

日時 7/30(火) 19:30~21:30
場所 カフェ・オーケストラ(JR「西荻窪」歩5分)
03-3333-3772
東京都杉並区西荻南2-20-5 恵荘 1F
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13098496/
料金 3000(1カレー付)
定員15名
講師 徳久ウィリアム(滞空時間、チャーリー・ウィリアムス、ex倍音S、etc)
ゲスト 鎌田英嗣(ホーメイ・イギル)
問合せ予約先:voizchoir@gmail.com

|

« 日本橋経済新聞三周年音楽祭 | Main | 超低音男 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本橋経済新聞三周年音楽祭 | Main | 超低音男 »