« たまに芸に神を見る | Main | 本日!クラヤミノtones3周年記念 第3弾 『クラヤミノライブ』 »

いよいよ明後日!クラヤミノtones3周年記念イベント第3弾『クラヤミノライブ』

えー単刀直入に言いますと、
予約がかなり厳しい状況なので、
興味あるけど、どうしようかなあ、と考えている方は是非来て下さい(苦笑

この出演者の組合わせ(対バンではなく、共演ですよ!)と、
クラヤミイベントというのは、当分予定はありませんし、
最初で最後になる可能性も大です。

是非この機会をお見逃し無く!

こういうライブ、出演者に興味ありそうな知人・友人がおりましたら是非このイベントについて教えて頂けると嬉しいです

いやー集客ってのは本当に難しい
いや、単に原則を捉えてないだけのような気もしますが


○9/14 クラヤミノtones3周年企画第3弾
クラヤミノライブ@新世界(六本木)

http://william.air-nifty.com/blog/2013/08/post-0cce.html

さて、昨日は、久し振りに、中国拳法「韓氏意拳」の稽古に参加してきた。

http://hsyq-j.blogspot.com/

自宅での個人練習はほぼ毎日しているけど、
この拳法は本当にシビアで、
定期的に稽古で先生に検証して貰わないと、
どうにも落ち着かない

もっとも、まだ初級者レベルだから、というのもあるかもしれないが。


習い始めてから2年弱になるが、
最初の1年は雲を掴む感じだった。


韓氏意拳では、まず体の状態を作ることを一番最初に習う。
そして、一番最初に習う事が一番大事なのは、
他のジャンルでもそうなのだが、
この「状態」が韓氏意拳では最重要課題。


しかし、これが非常に厄介。


その「状態」が合っているか合っていないかは、
実際に先生に腕を抑えてもらった状態で動かす事で検証していく。

最初の1年は、
先生に何度も「違う」と言われた末に、
ようやく「OK!出来た!」と言われても、
無我夢中でやっているので、
何がOKだったのか正直分からない。

だから個人練習する時も、
その状態がどんな状態だったか良く分からないまま
疑心暗鬼に練習を繰り返す


何となく状態を掴んだつもりでも、
次の稽古に行っては、それが違う事をまざまざと見せつけられ凹み、
そしてまた無我夢中にやっていたら「OK!それで合っている」と言われる


しかし、1年もそんな事を繰り返していくと、
何となく「状態」が分かってくる。


昨日の稽古では、最近掴んだ「状態」が、そう間違って無い事を確認出来た。
とても嬉しい。

改めて、韓氏意拳の求める状態の、実にデリケートで微妙な点に改めて感心する。

そして、その状態の当たり前さに驚く。
先生方が言ってる言葉そのものなのだ。

「すぐに動ける状態」「頭のてっぺんから足まで繋がっている状態」
「100メートル走の前のヨーイ・ドンのヨーイの状態」

言葉で言うと簡単だが、韓氏意拳が求めるレベルの状態は、全身へ深い集中を要求する、物凄く繊細な状態だ。

ヒトの体と同じく、ヒトの頭も絶えず変化し続ける。
だから、状態をずっとキープすること、キープ出来る深い集中をキープする事はとてつもなく難しい。

更に、ヒトの脳には、必要の無い情報を、無かった事にする機能が付いている。

それが故に、我々は膨大な情報量の中にいても、脳がパンクすることなく生きていける。

しかし、現代ほど情報量が多く、しかも運動せずに生活出来る環境にいると、
本来必要だったら、体からの情報の多くは、必要無しと判断され、切り捨てられる。

すると、いらないモノと判断された体の情報、そしてその情報をインプットする機構(神経とか)はどんどん衰える。

ヒトは、複雑で精緻な体を持っているため、
小さな生き物のように、少し日当たりが悪くなったり、水をあげなかったというような事で、
すぐ死ぬ事はあまり無い。なかなかしぶとい。

それが故に、失ってからその大事さに気づく機能がある事が沢山ある。

いわゆる現代病なんてのはその現れだろう。

韓氏意拳は、自然の中の生き物としてのヒトとして、必須の機能と、

そんな機能を環境の変化だけで容易に失わせてしまうヒトの弱さも見せてくれる、

稀有な体術だ


--------------------------------
真っ暗闇の中にある程度の時間いると、
視覚以外の感覚が鋭敏になり、
「ちゃんと聞く」という事がどういう事か体感できます。

そして、面白い事に、視覚の面白さも理解できるのです。


~真っ暗闇で、新たな音楽体験をしよう
○9/14 クラヤミノtones3周年企画第3弾
クラヤミノライブ@新世界(六本木)

http://william.air-nifty.com/blog/2013/08/post-0cce.html

予約がお得!

--------------------------------

上記ライブも、メルマガ登録でディスカウント特典有り!

徳久ウィリアムによる”際だった声”に関するメルマガ<VOIZ>
下記で登録可
 PCメール版 http://william.boo.jp/mm3.html
 携帯メール版 http://william.boo.jp/mmb.html

|

« たまに芸に神を見る | Main | 本日!クラヤミノtones3周年記念 第3弾 『クラヤミノライブ』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« たまに芸に神を見る | Main | 本日!クラヤミノtones3周年記念 第3弾 『クラヤミノライブ』 »