« 世界で絶賛される歌のワーク。を体験してきた | Main | ボイストレーニング講座『声を知り 声を創る』@オトトイの学校(東京・渋谷) 受講生感想 »

東京在住現役ボイスパフォーマー×心理カウンセラーのコラボ・ボイストレーニング早割は今週末26日まで

誰だ、今年は冷夏って言ってたのは・・・

ってぐらい今日は温度が高いですねー


さて、タイトルにあるように、

現役ボイスパフォーマーの私「徳久ウィリアム」と、

心理カウンセラーの「たむらひろし」さんの

コラボボイストレーニング講座「声を知り 声を創る」の早割が今週26日(土)までとなりました。


<この講座は、こんな悩みがある方にオススメです。>


・声が籠もる、通りにくい、よく聞き返される、声が小さい

・滑舌が悪い

・自分の声が嫌い

・声が枯れやすい、疲れやすい

・仕事に役立てたい
(人前で喋る・プレゼンする機会が多いので)

・声の老化を感じる(声がかすれる、高い声がでない)

・歌を上手くしたい

・自分の本当の声が知りたい


<これらの悩みの解決方法は沢山ありますが、一番大事なのは>


「メタ認知」。言い換えれば「自分自身を俯瞰する」です。


個々の悩みに効くと思われるワークは幾つかありますし、

発声・発音機能を上げるためにも、色々なワークを行う予定です。


ですが、ワークをやって声が改善されても、

自分自身がそれを認識出来ないと、声はすぐに前の状態に戻ります。


ワークを行うプロセスで、自分の声は勿論のこと、

ご自身の心と身体の変化も感じなければ意味がありません。


<自分で出しているのによく分からない状態>

先日、私が指導する発声法のワークショップでこんな事がありました。

とある発声法を参加者にやって貰うと、

初めてとは思えないレベルの声を出されていました。

「そう!その声です!」

と私が太鼓判を押しても、その参加者は首を捻るばかり。


その理由を尋ねると、

「自分にとってあまりにも馴染みの無い声なので、

 まだ腑に落ちてないというか・・・

 家に帰って一人で練習したした時に、

 出来る気がしない」と仰っていたのです


このエピソードから分かるように、

どんなワーク、練習法でも、

そのプロセスで、声・身体・心の変化が「腑に落ちて」いれば、

声が前の状態に戻りそうになっても、

それを認識する事が出来ます。


そして「認識」できれば問題の改善を図る事が出来ます。


逆に言えば、腑に落とす事が出来なければ

すぐに前の状態に戻ってしまうのです・・・・


<講師はメタ認知のプロです>

そんなプロフェショナルがいるのか、と疑問に思うかもしれませんし、

私も書いていてそう思いました(笑)


が、わたし、徳久ウィリアムも、もう一人の講師のたむらひろしも、

得意とする専門分野や手法は違えども、

「メタ認知」こそ上達の決め手、という点で一致しております。


『声を知り 声を創る』(東京開催)ボイトレ講座の詳細とお申込はこちら
http://ototoy.jp/school/event/info/145

<私は勿論のこと、過去に沢山の方が実践し、効果が認められた」ワーク>

私は、現役のボイスパフォーマーです。

効果がありそうなワークがあれば、

まず自分でやってみます。


今までにも、様々なヨガ、中国武術(韓氏意拳)、瞑想、発声法などのワークを体験してきました。

そしてその中でも、効果があると感じたものだけを選んでいます。


そして、ステージパフォーマンスの傍ら、

沢山の指導も行ってきました。


そこでは、更に「普遍性が高い」という視点も必要になります。


つまり、この講座では、

「私は勿論のこと、過去に沢山の方が実践し、効果が認められた」ワークだけを厳選して提供します。


そしてたむらさんも同じく、

様々な企業カウンセリング、ワークショップ指導を通して、

厳選されたワークのみを提供します。


『声を知り 声を創る』(東京開催)ボイトレ講座の詳細とお申込はこちら
http://ototoy.jp/school/event/info/145


<早割の特典>

特典として、

二人の講師の主催するワークショップ、イベントに大幅なディスカウントで参加出来るようにしました。

それぞれが主催するワークショップ、イベントは、本講座と合わせて参加すると、

相乗効果が認められるものばかりです。


例えば、

『クラヤミノtones』 真っ暗闇の中で、視覚以外の感覚を敏感にし、発声するワークショップ

『ホーメイ(ホーミー)・ワークショップ』 一度に二つの音を出す、モンゴル周辺の特殊な歌唱法のワークショップ。ホーメイは別名「倍音唱法」とも言われ、声を音として「ちゃんと聴く」にはとても良い歌唱法です。

『口琴ワークショップ』  びよよ~ん。その音は誰しもどこかで聴いた事のある不思議な楽器、口琴(こうきん)。実は世界中に分布し、敷居が低くて、奥深いこの楽器。この楽器の面白さは、ヒトの声の面白さでもあるのです。

『ノイズボイス・ワークショップ』 ヒトってこんな声が出せるの?ヒトの声の柔軟性は恐るべきものです。そのポテンシャルを使わないのは勿体無い!声によるノイズミュージック表現


また、私とたむらさんそれぞれで個人カウンセリング、指導も行っています

<と言うわけで早割は今週26日(土)まで!>

私もたむらさんも、それぞれの活動で多忙に付き、この講座は年に1回がやっとです。

この機会をお見逃し無く!


ご質問などありましたら気軽にどうぞ
voizchoir@gmail.com


『声を知り 声を創る』(東京開催)ボイトレ講座の詳細とお申込はこちら
http://ototoy.jp/school/event/info/145

|

« 世界で絶賛される歌のワーク。を体験してきた | Main | ボイストレーニング講座『声を知り 声を創る』@オトトイの学校(東京・渋谷) 受講生感想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 世界で絶賛される歌のワーク。を体験してきた | Main | ボイストレーニング講座『声を知り 声を創る』@オトトイの学校(東京・渋谷) 受講生感想 »