« 特殊発声請負人が教える「声を嗄らさずに色々な声を出す」3つのポイント その3 | Main | 英語の発音が上手くなると、ホーメイも上手くなる? その3 »

英語の発音が上手くなると、ホーメイも上手くなる? その2

お元気ですか?

「英語の歌をネイティブのように歌う」2回目のポイントをお伝えします。

1回目では、

お手本の音をちゃんと聞くことが大事だとおつたえしました。

そして「ちゃんと聞く」とは、お手本の言葉を、記号としてではなく、「音として聞く」ことが重要です。
  
というのは、日本の学校教育を受けてきた我々は、会話と同時に書き言葉を習います。

だから英会話でもついつい書き言葉と連動して処理してしまいがちです。

しかし赤ちゃんや子供はそうではなく、言葉を音として覚えていきます。

面白い事に、聴き取れた音は再現できます。

逆に言えば、聴き取れない音は再現出来ません。

また、聴覚機能はリミッターが付いてます。

脳が、必要無いと判断した音は、あたかも聞こえてないように処理されるのです。

日本語に慣れ親しんだ我々には、英語に必要な音が、聞こえないような耳になってしまっています。

だから、新たに「英語の音を聞き取れる」回路を作る必要があり、

そのためには、まずはちゃんと聞くことからスタートする必要があるのです。


では第2回目です。

如何だったでしょうか?

感想などをお聞かせ頂けたら嬉しいです。

また、この動画を見て得るモノがあると感じられたら、

記憶の定着として、早めのアウトプットがオススメです。

アウトプットの手段として、このブログへのコメントをご活用ください。

例)1.この動画を見ての気付き 2.どのようにしてこの気付きを活用するか

■4/12 英語の発音を改善する+ボイトレ ~ビートルズを歌いながら~

今回の企画する上で色々調べたり、
講師の語学習得の経験を改めて見直してみました。

すると、英語の発音を良くすることと、
ボイトレ(発声の改善)や、特殊発声の習得には共通点が沢山ある事が分かりました。

そして面白いことに、「歌を歌うこと」はそのどちらも良くする効果がある事も分かりました。

ちゃんと沢山聞いて、沢山ちゃんと歌う。これだけで発声と発音は改善されます。

当日は、
・練習の上での重要なポイント
・自分では気付きにくい点
・家での練習方法
などをお伝えします

講師は2人とも、アメリカとイギリスに滞在経験があり、
ステージでも英語の歌を演奏しています。

日時:4月12日(日)18:00~20:00

場所:そら庵(森下)
http://www.sora-an.info/

料金:
予約:3000円
当日:3500円
※要1ドリンクオーダー
※ペア割引:一人当たり250円引き

講師:徳久ウィリアム&アガサ
企画:アガリアム合唱団

予約 agalliam@gmail.com


----------------------

中古レコードまとめて出品しますた

拡散大歓迎

★赤盤 THE NAT KING COLE STORY ナットキングコール 見本盤 http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m137058741

★寺内タケシ&ブルージーンズ ベスト&日野皓正 中古LP2枚
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e160052813

★中古LP4枚 ムード歌謡、南有二、ぴんから兄弟など http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w118877042

★中古演歌・民謡・長唄LPレコード6枚★三波春夫、岸千恵子など
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m137057621

★ダークダックス『ロシア民謡デラックス』 ★中古LPレコード http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/191081806 #ヤフオク

≪予告1≫

近々、音楽を仕事とすることに関して、

新たなブログとメルマガを発行する予定です。

ここ数年間、自分の好きな音楽活動(しかもマニアックな笑)で、

どのようにしたら生活出来るのか、という事を模索してきました。

現時点で知った事、学んだ事を、なるべく自分の体験ベースでシェアする予定です。

音楽に限らず、「自分の好きな事でお金を得る」事に関して役立てればいいなあ。

どうぞお楽しみに

★追加!
≪予告2≫

5月~6月辺りに、下記二つの連続講義を企画中。
詳細はメルマガで追ってお知らせします。どうぞお楽しみに!

 メルマガの登録はこちら
 PCメール版 http://william.boo.jp/mm3.html
 携帯メール版 http://william.boo.jp/mmb.html

1.様々なジャンル(主に民族音楽)の声のスペシャリストを呼んでの連続講義

2.身体、メンタル、発声の基礎から応用まで、私が知るボイストレーニングの基礎の全てをお伝えする連続講義

------------------------------------------
徳久ウィリアムの活動情報を確実に受け取るのはこちらがオススメ

”際だった声”に関するメルマガ<VOIZ>
下記で登録可
 PCメール版 http://william.boo.jp/mm3.html
 携帯メール版 http://william.boo.jp/mmb.html

メルマガにしか掲載しない情報や、

WS&ライブイベントのディスカウントなどの特典有り!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ご意見・ご感想ございましたら気軽にコメントください

|

« 特殊発声請負人が教える「声を嗄らさずに色々な声を出す」3つのポイント その3 | Main | 英語の発音が上手くなると、ホーメイも上手くなる? その3 »

Comments

英語の発音についてのビデオ、第一回目と第二回目を拝見しました。長く英語の勉強をし、仕事でも使ってきましたが、ああそうだったんだ、ととても、腑に落ちる説明でした。「よく聴くこと」「文字にしばられず音そのものを聴くこと」「リミッターをはずすこと」「すぐに声に出してみること」「最後までやってみること」「自分が出した音をよく聴くこと」どれも、納得しました。自分も、自分なりにいろいろと考えながら手探りでやってきたのですが、あらためて明確に整理していただいたような気がしました。ありがとうございます。12日のワークショップも参加させていただく予定で、とても楽しみにしています。

Posted by: Masayuki Suzuki | 2015.04.11 at 04:35 AM

鈴木さま
コメント有り難う御座います!

英語をお仕事で使っていらっしゃる方に、このような感想を頂けるのはとても嬉しいです!

明日お会い出来ることを楽しみにしております~

Posted by: 徳久ウィリアム | 2015.04.11 at 11:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 特殊発声請負人が教える「声を嗄らさずに色々な声を出す」3つのポイント その3 | Main | 英語の発音が上手くなると、ホーメイも上手くなる? その3 »