« 腹式呼吸 〜複雑な身体の動きは必要か否か | Main | <残り5名>参加者募集中『2ヶ月集中 声を通して自分を磨く 少人数限定 声のカウンセリング』 »

本来、声は整っている

バランストレーナーでもあり、中国武術「韓氏意拳」の先生でもある、小関勳さんの著書『ヒモトレ』がとても分かりやすく役立つ本だったので、

もう一つの著書『小関式 心とカラダのバランス・メソッド』を購入した。
http://a.r10.to/h1MBA1

まだ「はじめに」「おわりに」しか読んでないが
(私は本を読む時に、まずこの2つから読むようにしてます)

特に「おわりに」の文章に心うたれた。

・特定の状態が特定の結果を生むこと。その逆は無いこと。
・本来備わっている事をちゃんと認めること。それを信じること。積極的に興味を持つ事。
・都会に暮らしていても、私たち自身が自然そのものであること。

などは常々、私が感じ、人に伝えてきたことだ。

そして新たな発見もあった。

「主体的でありながら、協調性を持つ事。」

これは特に最近気をつけてた事だが、

続く文章に納得

『そしてそれは自然な人間の在り方である事。』

家族単位で行動する事で生き延びてきたヒトにとって、
主体的で協調性を持つことは自然の在り方なのだ。

決して高邁な思想では無い。納得。


また、
『感じることを二の次にして頭の中で処理しようとしたり、感情だけでどうにかしようとしたりすれば、全体性は失われ、不自然に感じるのも当然』

ということも漠然とは感じていたが、このように明快で分かりやすい文章にまとめられている事でスっと腑に落ちた。なるほど。

しかし最後の文章の

『その動き、その感情、その人、その場面、その環境などが、自分に見合っているかどうか、つねに自分自身に問い正してみたとき、きっと今までとは違う世界を味わうことができるはずです。』

は、理解は出来るが腑に落ちてない。これは問いとしてしばらく自分の中にアンテナを張っておこう。


最後に「おわりに」の一部を引用します。

「バランス」と書かれている箇所は、「声」に置き換えてもそのまま当てはまる。

『カラダのバランスを通して感じるのは、今の在り方が次の在り方を創るということです。

バランスが崩れた状態からは崩れた結果が生まれ、バランスが整った状態からは整った状態からは整った結果が生まれます。私たちはつい崩れた結果をどうにかしようとしがちですが、ジャンルや枠にとらわれず、大きな視点でカラダを見てみると案外ヒントは沢山あるものです。

そのヒントをつかむには、一貫してお伝えしている「本来バランスは整っている」ということが大前提であり、それを信じる必要があります。信じるためには、やはり実際に試しながら少しずつ気づいていくしかありません。それを体感し、理解したとき、その可能性を感じることができるでしょう。

自分を信じるとは自我信じることではなく、存在(本来)を認めるということです。外側からつけた自信に対しては、いつかメッキが剥がれるのではないかと、つねに気を張らなくてはなりません。しかし「本来バランスは整っている」ことに気づけば、内側からの自信となります。その「気づき」こそが重要なのであり、そこはオリンピックの金メダリストも、市民大会レベルの人でも同じです。

どれだけ優秀な指導者がバランスのとり方を手とり足とり伝えたとしても、本人にバランスをとってみようという興味や意志、感覚がなければ、より良くバランスを保つことは難しいでしょう。それらは、他の誰でもない自分自身のものだからです。自分の中のものは自分で感じてみるしかありません。

つまりバランスを保つということは、自立することにつながるのです。しかし自立とは、自分一人で立つということではありません。生命は関係性やバランスで成り立っています。主体性を持ちながら協調性を保つこと。それは、自然の在り方そのものではないでしょうか。

私たちは自然から離れて暮らしているようですが、実際には片時も離れられません。だから私たち自身も、大きな自然の中の一部なのです。感じることを二の次にして頭の中で処理しようとしたり、感情だけでどうにかしようとしたりすれば、全体性は失われ、不自然に感じるのも当然なのです。その動き、その感情、その人、その場面、その環境などが、自分に見合っているかどうか、つねに自分自身に問い正してみたとき、きっと今までとは違う世界を味わうことができるはずです。』


「はじめに」「おわりに」しか読んでないけど、間違いなく役に立つ本であると確信。
ヒトの本来持つ精妙な働きについて知りたいヒト、それを一般的の事(スポーツなど)に応用される事に興味あるヒトには強くおすすめ

『小関式 心とカラダのバランス・メソッド [電子書籍版] 』
http://a.r10.to/h1MBA1

|

« 腹式呼吸 〜複雑な身体の動きは必要か否か | Main | <残り5名>参加者募集中『2ヶ月集中 声を通して自分を磨く 少人数限定 声のカウンセリング』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 腹式呼吸 〜複雑な身体の動きは必要か否か | Main | <残り5名>参加者募集中『2ヶ月集中 声を通して自分を磨く 少人数限定 声のカウンセリング』 »