« 合唱は生に限る | Main | 人生変わるレッスン »

ほんのちょっとした事の積み重ねが大事

月1でやらせて頂いている「舞台芸術の学校(P.A.I.)」でのボイスレクチャー第4回目終了。

(ちなみに、PAIは、文化庁委託事業「平成27年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」)

http://pai-art.org/

今日の気づき。

最近読んだマラソンの高橋選手の例

『高橋選手は、中学生のとき、毎日、練習後に100mを3本走りなさいとアドバイスされたそうです。

100mを3本走るのは、たった2、3分で終わります。でも、それを1週間続ければ100m×21本になります。100mを21本も走ると、時間にして約1時間かかります。これは、中学生にとってはおよそ1日分の練習量に匹敵します。

さらに1年間続ければ、40日以上の練習になり、ライバルよりも1年間で1ヵ月以上も多く練習したことになるのです。

100mを3本走るのは、わずかなことです。でも、そのわずかな練習をコツコツと続ければ、大きな力になるのです。』

http://careergarden.jp/rikujyou/tekisei/ より引用


発声の改善、習得においても、上記の高橋選手のように、

コツコツ続けることは、

ライバルに差をつけたり、

あるときに大きな実力の飛躍に繋がる可能性を高めます。


今まで10年以上指導を続けていますが、

コツコツと努力していく方は、

やはりどんどん上手くなります。


(努力するにもちょっとしたコツ(習慣化)が必要ですが、

それはまた別の機会に述べます)

おもしろいのは、ちょっとしたことの積み重ね、は

表現においては豊かな広がりになります。


例えば、アフリカのリズムは、日本に住む我々の耳にはとても複雑に聞こえます。

が、リズムを細かく分解していくと、実は単純な組み合わせがスタートだそうです。

バリ島の圧倒的な合唱芸術「ケチャ」や、西洋の合唱もそうです。


複数の人たちで声を出し合っていて見つけた「面白い」が積み重なり、

時間とともに、複雑な、曼荼羅のような音世界を作り上げます。


「ちょっとしたこと」を、はじめ些細な事に見えますが、

実は大きな可能性を秘める一歩でもあるのです


「手段を内包する目的を。目的を内包する手段を」
------------------------------------------

★<早割は10/25まで> 『声の大学』 心理学×ボイトレ×身体機能トレーニングで「声の基礎力を上げる」 2days講座

詳細とお申込みはこちら
http://william.air-nifty.com/blog/2015/06/post-1833.html

------------------------------------------
徳久ウィリアムの活動情報を確実に受け取るのはこちらがオススメ

”際だった声”に関するメルマガ<VOIZ>
下記で登録可
 PCメール版 http://william.boo.jp/mm3.html
 携帯メール版 http://william.boo.jp/mmb.html

活動情報のほか、活動での気づきを書いてます。

メルマガにしか掲載しない情報や、
WS&ライブイベントのディスカウントなどの特典も有り!

|

« 合唱は生に限る | Main | 人生変わるレッスン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 合唱は生に限る | Main | 人生変わるレッスン »