« 明日チャーリー・ウィリアムスのラスト?・ライブ | Main | いちねんぶりかんさい »

韓氏意拳 韓先生来日講習会 メモ

数年ぶりに
韓氏意拳の創始者の韓競辰先生の来日講習会
に参加してきました。

 

韓氏意拳のサイト
http://hsyq-j.blogspot.com/

 

韓競辰導師来日講習会2019
の公式サイト
http://www.hsyq-j.com/2019/

 

韓先生は、今回も声が超デカかった!!(笑)

そのエネルギッシュで、ユーモアを忘れないお話ぶりは、
ボイスパフォーマー・トレーナー目線でも、
とても良いお手本です。

 

内容は言わずもがな。
過去に教わったトピックでも、
違う側面からの解説で、
より立体的になり、
世界観がどんどん深まっていく。

 

素晴らしい講習会でした。

 

そして、相変わらず特筆すべきは、
拳を打つ時の”気合”。

 

これが本当にすごい!
みんなにも聞かせたい!

 

あの声が出せる、というのも、
韓先生の境地を語る上では重要なのでは無いだろうか?
なんてことも考えたり。

 

Img_2848

 

 

View this post on Instagram

光岡英稔さん(@guanggangyingren6)がシェアした投稿 -

 

 

以下、私のメモ。なので、文責はすべて私にあります。

======================

◆歩法の要点

・これ以上下回ってはいけない生存のラインがスタート

・運動は、集まっているところから、更に集まること

・まとまりは、筋肉の緊張では無い

・萬法は1に帰る

・離合:危機に対する距離

 

技撃椿

・未知に対する”恐れ”が前提

・恐れがあるのは当たり前のこと。

・なので、必要以上に恐れる必要は無い

・認めることが大事

・そもそも、未知に対する備えは意味が無い

・未知に対する状態、感知力が重要

・感知力があれば応ずることが出来る

・それが技撃力を上げてくれる

・努力は大事だが、どこを対象にするか、が大事

・”驚き”が全てのスタート(王先生の言葉)

・(状態に入ると)関節が全て曲がる(形意拳に伝わる言葉)

・ざわざわする感じ(韓星橋先生の言葉)

・目的は”状態”に注目すること

・順式→逆式のポイント:相手の目を見る。眼で感じる(自然な規範作用)

捧抱式のポイント:手が上がると膝も上がる。前ではなく”上”を感じる

・重心転換のポイント:一般的には「形が変われば重心が変わる」と考えられている。
           が、自然においては、重心の移動が形を変える。
           そしてこのような移動が一番速い。
           安定的構造があれば、重心が転換する

・大歩から小歩:牛の大きさぐらいの距離=実用的な距離

・歩法のポイント:手を死んだ状態にしない

         安定的な構造のまま、危地に進入する

         泥の中を滑るように進む感じ:形意拳、八極拳で伝わっている実用的な歩き方

         歩法の時に上半身を固くしない

 

◆”状態”について

・本相:自然真相

・畏 → 疾:どちらも未知。対策は立てられない

・万物皆有霊性:万物=生命。生存が中心

・霊性:感知力

・霊性、感知力

  古代の人の考え方。現代の心理学・解剖学的な捉え方と全く違う

  霊性はどこにあるのか?”状態”にある

  人類の発展と共に失われている

韓星橋先生は座っている時も状態を失っていなかった

・椿法の目的は、霊性=感知力・状態を感じること

 

◆”状態”の歴史的経緯

・(神意以前)

・神意(霊性)

・勁

・有形無意

  王向斉の時代の言葉。

  ”意”が無くなってしまった。そこで王は”神意”に戻ることを唱えた。

  しかし、この”意”という言葉自体が、すでに昔とは違う定義イメージ、意志、精神など)になってしまった。

  「重意感」本当は”感”だった。意は自ずから形を生ず。

  自然本能運動を探る。技能では無い

・核心を得られれば、あらゆるモノに応じることが出来る

 

◆歩法

●小車歩

・六合(頭、手、足が合うこと)を認識するプロセス

・一寸一寸進む

  寸=危険との距離

・(接触)点が大事。A→Bの移動では無い。もうすぐ接触しようとする、その”点”に注目する

・感知力が大事

・練習時は目の前の人を倒そうとしない

・肘を活かせるように、肩に力を入れない

・手を伸ばし過ぎない。抱式を忘れない。

 

拳法

・歩法が一番大事 歩:70% 身:20% 手:10%

・勝つも歩。負けるも歩(王の言葉)

・上体は変えない。状態が変わるだけ(韓先生は全くかわらない!!)

・「杵」:河北省での拳の呼び方。杵で撞くようように拳を打っていた

・人を倒すこと。稲妻のように。ただし、速いことではない。速くなくても良い。針を穴に通すように

・拳の握り方:取りに行く過程で巻く。(これによって、自然に力が入るし、上体が変わらない。また”杵”感がある!

・練習の仕方(ウィリアムの気づき)

  エネルギーが満ちている感じ(畏)

  相手がいる(疾)

  抱(上下左右のまとまり)

  ゆっくり動く

  速く

・重要なポイント”順”=連続的なスムーズさ 「上善如水」

  実戦では「更に順」

  なので、練習の時に実戦イメージをもち「鉄を打つ」ようにしてはいけない

・速さの因果

  3つの因

    冷:突破的な(出来事)

    弾:活力

    脆:瞬間的に花が開くような自然現象

  1つの果

    快 上記の3つの因によって「速さ」が生まれる

 

◆その他

・学ぶとは、師の”状態”を真似ること

・即興の極意は、聞こえてくる音に対して合わせる/合わせないを選択すること。
 パターンが増えれば、”流れ”を感じることが出来る

・歌のポイント
  死に体で練習しない。歌は死に体では生まれない
  歌は自然の産物だから、それを産出した自然(その土地にすむ人間も、言葉も振る舞いも文化も自然の産物)を知り、感じ、想いを寄せることが大事

・癖を1枚1枚剥ぎ取ることで、自然な声が現れる

  ビジネスでも同じ?

  そしてそれは、行動しながらで無いと出来ない

・日本語は母音を美しく聞かせることが重要

・韓氏意拳でしか得られない観方、感じ方、成果があるから、発声に意拳を取り入れている

・鳴く鳥に、悪い鳴き声が無いように、歌い、喋る生き物である人間は、自然の状態では、本来悪い喋り方は無い

・王先生がやったのは”武術”に於けるルネッサンス運動

・自然発声ボイトレ、自然”状態”ボイトレ、そうなってしまうボイトレ

・ジャンルが要求する歌の技術、音色は、時代によっても変わるので、些細な問題。核心を掴めば応ずることが出来る。

|

« 明日チャーリー・ウィリアムスのラスト?・ライブ | Main | いちねんぶりかんさい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 明日チャーリー・ウィリアムスのラスト?・ライブ | Main | いちねんぶりかんさい »