« 端唄・小唄WS先行案内受付開始! | Main | 【注意!メールでご予約・ご登録頂いているお客様へ】 »

サルデニア(イタリア)で一番有名な日本人になりました

===========================

先行案内本日土曜終了!
6月16日(日) <江戸のはやり唄を聴く、知る、唄う>

江戸の”粋”を現代に引き継ぐ「柳家小春」さんが講師!

詳細・お申込みこちら
https://ameblo.jp/koenodaigaku/entry-12459325601.html
==================

【日曜で先行案内受付終了!】
表現者・トレーナーのための基礎ビジネス”オンライン”講座

ビジネスをやる上での指針となる「原理・原則」を
好きな時に好きな場所で学習できるオンライン講座!!

詳細・お申込みこちら
https://ameblo.jp/voizbiz/entry-12459277019.html
==================

 

徳久ウィリアムです

 

この前の水曜8日に、
『サリクス・カンマーコア』と言う
バッハを歌う合唱団のコンサートを見に行きました。

 

私は、いわゆるクラシックや合唱音楽には
あまり興味が無いんですが、
この団体だけは「コアな音楽が好きな1ファン」として
毎年見続けています。

 

毎回素晴らしいんですが、
今年は円熟味が加わって、
圧巻でした!!

 

終演後、
Twitterに公演の感想で埋まっていた事からも、
多くの人がそう感じた事が分かります。

 

来週月曜13日にも三鷹で公演があるそうなので、
「コアな音楽」と言う単語にピンと来た場合は是非。

 

クラシック、合唱音楽が好きかどうかは関係ないです。
あの「灰野敬二」さんが公演を見に行く合唱団体ですから。

 

で、その公演の終演後、
飲み会に参加しました。

飲み会のメンバーは、

3月に、私が主宰する「コエダイr合唱団」の
イタリア・サルディーニャ島遠征メンバー、

 

普段はスペインを拠点に活動し、
サルディーニャ島ツアーのコーディーネート役をしてくれた
類家利直さん、

 

そして、類家さんの友人のサルディーニャ人カップル。

 

そこで聞いたのは、
先日のサルディーニャ島遠征が
相当サルディーニャ人にインパクトを与えた、
と言うこと。

 

なぜインパクトがあったのかと言うと、

コエダイr合唱団が、
サルディーニャが世界に誇る
伝統合唱「テノーレス(Cantu A Tenores)」
をレパートリーとして演奏していて、
現地の人が驚くレベルにも関わらず、

メンバーが全員日本人で独学、
と言う事らしいです。

 

現地の新聞にも載りました。

オンライン版
http://www.lanuovasardegna.it/tempo-libero/2019/04/14/news/su-cantigu-a-tenore-in-giapone-taku-sato-musica-ammajadora-1.17801162​

 

実はサルディーニャ遠征に行く前には、
かなりビビってたんですけどね(笑)

 

嬉しさと同時に、
ホッとしています。

 

 

いつもやっている瞑想での気づき。
 

瞑想をしていると、
現在の気になることが一つ一つ沈静化する。

 

すると体の課題が現れる。

 

おそらくこの体の課題は、
”気になること”の現れ、
残像のようなものが体に投影された課題だろう。

 

そこから、その奥にあるものをただ凝視める。

 

すると、自然な生命力のようなものが感じられる。
鬱や神経症の症状があった昔は「あ、ただ生きてるだけでもいいんだ」という救いになった

 

今は、「淡々と前に進む原動力」になっている。

 

 

前回ご案内した
コエダイr.合唱団の自主勉強会企画、
江戸の”粋”を現代に引き継ぐ「柳家小春」さんが講師企画!

先行案内は本日までです!

詳細・お申込みこちら
https://ameblo.jp/koenodaigaku/entry-12459325601.html

 

表現者・トレーナーのための基礎ビジネス”オンライン”講座

ビジネスをやる上での指針となる「原理・原則」を
好きな時に好きな場所で学習できるオンライン講座!!

先行案内受付は明日日曜まで!!

詳細・お申込みこちら
https://ameblo.jp/voizbiz/entry-12459277019.html​

 

 

徳久ウィリアム

 

 

---------------

今回の記事は如何でしたか?
是非感想をお聞かせください。

また、こういう情報を知りたい・見たい、
というリクエストも気軽にどうぞ。

感想送付フォームこちら
https://maroon-ex.jp/fx26396/OC3HwC

|

« 端唄・小唄WS先行案内受付開始! | Main | 【注意!メールでご予約・ご登録頂いているお客様へ】 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 端唄・小唄WS先行案内受付開始! | Main | 【注意!メールでご予約・ご登録頂いているお客様へ】 »