モンゴルに存在する幻の唱法「喉リンベ」の新動画

先日、
私が主宰する「アガリアム合唱団」の団員で、
特殊発声や特殊合唱に関する情報を日々探求し、
情報提供をしてくれているKatz黒澤さんから「喉リンベ」に関する情報提供がありました。

いやーこれまた凄い

https://www.facebook.com/zorigt.munkhchuluun.1/videos/10211571145847559/

喉リンベって何?って場合は、
過去のブログ記事を参照。

http://william.air-nifty.com/blog/2015/11/post-405a.html

上記のブログ記事で紹介されている動画と見比べてもらえれば分かるけど、
スタイルがかなり違うのが興味深い。

というか、女性が歌っているためか、キーがメチャクチャ高い!

しかし共通しているのは、
身体の強さ&身体の扱い方の巧みさだろう。

凄い歌唱法なのに、
音声消して映像だけ見ていると、
とてもこんな凄い声を出しているとは思えない自然体。

しかも、杖をついてるお婆さんなのに・・

この身体の強さ・身体の操り方の巧みさは、
喉リンベに限らず、
オルティンドーやホーミーなどの、
モンゴルを代表する歌唱法に共通する身体技法のような気がする。


そして、凄い技巧的なのに、
必然性を強く感じるのも共通する点だ。

モンゴルの自然の中で歌っていると、
特殊さを見せびらかす感じが一切無い。

というか、特殊さが感じられない。
この位普通でしょ、的な自然さ。
環境との一致感。

こういう、自然から生まれた、必然性の高い超絶技巧に触れると、
東京でしか生まれない表現をしたいものだと再確認。

---------------
では、最後に今後の予定を。

1.ボイトレ『1日集中講座』

久々に「1日集中講座」を開催します。

日程は5月7日(日)。

場所・値段など、それ以外の詳細は、現在調整中です。

来週には告知出来るかな。

一番お得な先行ご案内をご希望の方は、下記URLよりお申込みください。

詳細・先行案内のお申込みはこちら
http://tokuhisa-william.com/koedai/1day

2.久々のノイズ系ライブ

福岡から、友人のボイスパフォーマー「実松亮」が、久々に東京でライブやります。

それに合わせて、ライブを企画しました。

正確に言うと、友人に企画してもらいました。

私、実松さん、そして私が主宰するTokyoVoizChoirのエースで、現在は国内外でツアーしまくってる「カゼヒト」のトリオで即興演奏します。

久々の実松さんも楽しみだけど、

何より、今のカゼヒトは本当にキレッキレッで素晴らしいので、彼との共演は本当に楽しみ!!

詳細こちら
https://www.facebook.com/events/269896606788617/

3.映画「小名木川物語」上映会

4年かけて撮影した、私の初出演映画。

下町文化が色濃く残る、江東区は深川などの風景と人を、半分ドキュメンタリーとして撮影した劇映画。

先日の第2回目の上映会は、あっという間にソールアウトになりました。ありがたいことです・・・

次回上映は、4月27日(木)

この日は私は残念ながら参加は難しそうですが、小さな会場での上映は、大きな会場とは違った感じで見れそうです。

詳細とお申込みはこちら
http://onagigawa.com/2017/04/11/427%EF%BC%88%E6%9C%A8%EF%BC%8919%E6%99%82%E5%8D%8A%E3%80%8C%E6%B7%B1%E5%B7%9D%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%B7%E3%81%8F%E3%80%8D%E3%81%A7%E3%81%AE%E4%B8%8A%E6%98%A0%E4%BC%9A%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5/

| | Comments (0)